ヤマハ・OX99-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハ・OX99-11
Yamaha OX99-11 front.jpg
デザイン 由良拓也
乗車定員 2人
ボディタイプ 1ドア クーペ
エンジン OX99型:水冷 70度V12 3.5L DOHC60バルブ
最高出力 450PS/10,000rpm
最大トルク 40kgf·m/9,000rpm
変速機 6速MT
駆動方式 MR
サスペンション 前/後:インボード式ダブルウィッシュボーン
全長 4,400mm
全幅 2,000mm
全高 1,220mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 850kg
ブレーキ AP前後4ポットキャリパー
燃料タンク容量 120L
-自動車のスペック表-

ヤマハ・OX99-11(オーエックス99-11)とは、ヤマハ発動機1991年に発表したスポーツカーである。市販を目指して開発を行っていたが、諸事情により実現しなかった。

概要[編集]

1989年よりF1エンジン供給という形で参戦を行っていたヤマハは、レース活動にて得た技術を活かして初の4輪車を開発する。市販を前提としてはいたものの、そのコンセプトは「ロードゴーイングF1」という浮世離れしたもので、いわゆるスーパーカーと呼ばれるジャンルにカテゴライズされる。

1992年5月に、生産、販売を行う予定だったロンドンで発表会が行われ、「1994年にデリバリー開始」とアナウンスされたが、バブル崩壊後ということもあり想定通りには注文が入らず、さらに本業の業績悪化も追い討ちとなり、結局1台も発売されることなく1993年に計画は終了してしまった。発売予定価格は100万ドル(当時の換算で1億3,000万円)といわれた。

メカニズム[編集]

搭載されているエンジンは、当時F1へ供給していたV12 3,498cc DOHC 60バルブの「OX99」を、公道向けにデチューンしミッドシップに搭載した。

C-FRPモノコックシャシーや、インボード式ダブルウィッシュボーン式サスペンションや、ボルト結合されたトランスアクスルなど、フォーミュラカーそのままと言ってよい構成であり、そこへボディを被せる形を取っていた。

ボディデザインは、レーシングカーコンストラクターでもあるムーンクラフト由良拓也が担当し、空力を追求したデザインは有機的な曲面で構成された独特のものである。またそのデザインは、同じく由良拓也が設計を手がけたグループCカー「マツダ・717C」との類似性が見られる。この曲面構成を実現化するためにボディ素材は手加工のアルミニウム合金及びFRPを使用している。

そして、最大の特徴はタンデム配置の2人乗りということで、運転席をセンター配置しその後ろに助手席が置かれるという、オートバイのような配置とされているのである。これは車体重量配分の追求により採用されたものと思われ、運転席をセンターに配置するというアイデアは、「マクラーレン・F1」も採用している。

最高速度は350km/h、静止状態から100km/hまでの時間は3.2秒という性能だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]