メーソン郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州メーソン郡
Mason County Courthouse.jpg
メーソン市にあるメーソン郡庁舎
メーソン郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1858年
郡庁所在地 メーソン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,414 km2 (932 mi2)
2,414 km2 (932 mi2)
3 km2 (1 mi2), 0.01%
人口
 - (2010年)
 - 密度

4,012人
2人/km2 (5人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.co.mason.tx.us

メーソン郡: Mason County)は、アメリカ合衆国テキサス州の中央部、エドワーズ高原に位置するである。2010年国勢調査での人口は4,012人であり、2000年の3,738人から7.3%増加した[1]郡庁所在地は唯一の都市であるメーソン市(人口2,114人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町でもある。メーソン郡は1858年に設立され、郡名は郡内にあったメーソン砦に因んで名付けられた。

年譜[編集]

  • メーソン郡となった地域の初期住人はリパン・アパッチ族やコマンチ族などだった[4]
  • 1847年、ミューズバック・コマンチ条約が調印された[5]
  • 1851年7月6日、メーソン砦が設立された[6]
  • 1858年1月22日、テキサス州議会の法によってメーソン郡が設立され、メーソン砦に因んで命名した[7]。最初の郵便局が開設された
  • 1860年、人口は630人であり、このうち奴隷が18人だった
  • 1861年
2月、ドイツ系移民の反奴隷制度感情が一部影響して、住民投票ではアメリカ合衆国からの脱退に反対する結果になった
3月、メーソン砦は南軍に明け渡されたが、南軍はそこをほとんど明けたままにしたので、インディアンからの攻撃が増すことになった[8][9]
5月20日、住民投票でメーソンの町を郡庁所在地に選んだ[10]
  • 1866年-1868年、連邦軍がメーソン砦を占領したが、最終的には放棄した[11]
  • 1869年、郡庁舎と監獄が建設された[12]
  • 1870年5月16日、11歳のハーマン・レーマンとその兄弟のウィリー(8歳)がインディアンに捕獲されたが、ウィリーは数日の内に脱出してきた[13][14]
  • 1870年-1898年、郡内には女性が主人の農家が4軒あった[15]
  • 1875年-1877年
郡で最初の新聞が発刊された[16]
牛泥棒に関してフー・ドゥー戦争が起こった[17]
この戦争に関わった最も有名なものだったジョニー・リンゴが、1875年9月25日にジェムズ・チェイニーを殺した[18][19][20]
郡庁舎の火事で郡の記録が焼失した[12]
  • 1878年5月12日、ハーマン・レーマンが軍人に付き添われれ家族の下に戻った[13]
  • 1880年代、マンガンが発見された。ウェークフィールド会社がスピラー鉱山を開いた。鉄鉱石が発見された。金、銀および石炭の探査が始まった.[21]
  • 1882年-1883年、ヒアフォード種の牛が郡内に導入された[22]。郡内の道路工事の資金が手当てされた
  • 1887年、メーソン郡は貧窮住民に対する州の援助を請願した
  • 1897年5月27日、ジョン・O・ミューズバックがロイヤルバレーの自家農園で死に、チェリースプリングのマーシャル・ミューズバック墓地に埋葬された[23]
  • 1890年代、郡はオオカミ、ヤマネコ、マウンテンライオンに懸賞金を掛けた
  • 1902年、メーソン市の郡判事事務所に最初の電話が引かれた
  • 1913年、農事顧問を雇用した
  • 1918年10月3日、アメリカ合衆国がドイツに宣戦布告してから18か月後、メーソン郡防衛委員会は郡内でドイツ語を使わない決議を行った。郡住人の大半はドイツ人の血を引いていた.[4]
  • 1919年、郡内で最初の石油とガスの掘削が行われた。ピュージェット湾・メキシコ湾ハイウェイのメーソン郡区画の工事が始まったlease in the county. Construction begins on the Mason County section of the Puget Sound-to-the-Gulf Highway.
  • 1920年代、ラジオ放送が始まった
  • 1938年、電化のためにペダーナルス電気協同組合が結成された。メーソン郡は6月に加入した[24]
  • 1946年、地方土壌保全委員会が組織化された。郡の学校が統合された

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は932平方マイル (2,414 km2)であり、事実上全て陸地である[25]

主要高規格道路[編集]

  • US 87.svg アメリカ国道87号線
  • US 377.svg アメリカ国道377号線
  • Texas 29.svg テキサス州道29号線
  • Texas 71.svg テキサス州道71号線

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1860 630
1870 678 7.6%
1880 2,655 291.6%
1890 5,180 95.1%
1900 5,573 7.6%
1910 5,683 2.0%
1920 4,824 −15.1%
1930 5,511 14.2%
1940 5,378 −2.4%
1950 4,945 −8.1%
1960 3,780 −23.6%
1970 3,356 −11.2%
1980 3,683 9.7%
1990 3,423 −7.1%
2000 3,738 9.2%
2010 4,012 7.3%
U.S. Decennial Census[26]
Texas Almanac: 1850-2010[27]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 3,738人
  • 世帯数: 1,607 世帯
  • 家族数: 1,110 家族
  • 人口密度: 2人/km2(4人/mi2
  • 住居数: 2,372軒
  • 住居密度: 1軒/km2(2軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 22.4%
  • 18-24歳: 4.7%
  • 25-44歳: 20.7%
  • 45-64歳: 28.8%
  • 65歳以上: 23.5%
  • 年齢の中央値: 47歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 92.4
    • 18歳以上: 87.6

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 25.9%
  • 結婚・同居している夫婦: 59.1%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 7.7%
  • 非家族世帯: 30.9%
  • 単身世帯: 29.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 17.9%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.31人
    • 家族: 2.83人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 30,921米ドル
    • 家族: 39,360米ドル
    • 性別
      • 男性: 28,125米ドル
      • 女性: 20,000米ドル
  • 人口1人あたり収入: 20,931米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 13.2%
    • 対家族数: 10.1%
    • 18歳未満: 20.5%
    • 65歳以上: 13.3%

著名な住人[編集]

  • J・マービン・ハンター(1880年-1957年)、メーソン郡生まれ、歴史家、ジャーナリスト、出版者、雑誌「フロンティア・タイムズ」を創刊、バンデラのフロンティア・タイムズ博物館設立
  • アンナ・メブス・マーティン(1820年-1864年)、メーソンの商業銀行を設立、富裕な事業家、牧場主
  • ルイス・マーティン(1820年-1864年)、ヘドウィッグスヒルの共同設立者、メーソン郡治安判事
  • コーク・スティーブンソン(1888年-1975年)、第35代テキサス州知事、メーソン郡生まれ

都市と町[編集]

未編入の町[編集]

  • アート
  • ベーレンズ
  • キャンプエア
  • コールドスプリング
  • ダブルノブス
  • フライギャップ
  • フレドニア
  • グリット
  • グロスビル
  • [ケイテンシー
  • ヘドウィッグスヒル
  • ヒルダ
  • ヌークビル
  • ロングマウンテン
  • ロイヤルバレー
  • ポントトク
  • ストリーター
  • ワグラム

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Mason County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Mason, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b Rhoades, Alice J. “Mason County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  5. ^ Comanche Indian Treaty”. William Nienke, Sam Morrow. 2010年11月27日閲覧。
  6. ^ DeVos, Julius E. “Fort Mason, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  7. ^ Mason County - Mason vicinity”. Texas State Historical Markers. William Nienke, Sam Morrow. 2010年11月27日閲覧。
  8. ^ “Texas Forts Trails”. Texas Monthly: 72. (June 1991). 
  9. ^ Texas Escapes-Fort Mason, Texas”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC. 2010年11月27日閲覧。
  10. ^ Rhoades, Alice J. “Mason, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  11. ^ History Fort Mason (1851-1871)”. Texas Forts of the Old West. Legends of America. 2010年11月27日閲覧。
  12. ^ a b Mason County Courthouse”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年11月27日閲覧。
  13. ^ a b Lehmann, Herman; Hunter, J Marvin; Giese, Dale F (1993). Nine Years Among the Indians, 1870-1879: The Story of the Captivity and Life of a Texan Among the Indians. University of New Mexico Press. ISBN 978-0-8263-1417-8. 
  14. ^ Hudspeth, Brewster. “The Savage Life Of Herman Lehmann”. Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.. 2010年11月27日閲覧。 Texas Escapes - Blueprints For Travel, LLC.
  15. ^ Gould, Florence C; Pando, Patricia N. “Mason Co Tx Women Homesteaders”. Tx Gen Web. 2010年11月27日閲覧。
  16. ^ Gem of the Hill Country-Mason, Tex”. Hill Country Portal. 2010年11月27日閲覧。
  17. ^ Johnson, David; Miller, Rick (2009). The Mason County ""Hoo Doo"" War, 1874-1902 (A.C. Greene Series). University of North Texas Press. ISBN 978-1-57441-262-8. 
  18. ^ Johnson, David; Parsons, Chuck (2008). John Ringo, King of the Cowboys: His Life and Times from the Hoo Doo War to Tombstone, Second Edition (A. C. Greene). University of North Texas Press. ISBN 978-1-57441-243-7. 
  19. ^ Hadeler, Glenn. “The Mason County Hoo Doo Wars”. TexFiles. 2010年4月30日閲覧。 TexFiles
  20. ^ Johnny Ringo and the Hoo Doo War”. 2010年4月30日閲覧。
  21. ^ Garner, L Edwin. “Mineral Resources and Mining”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Society. 2010年11月27日閲覧。
  22. ^ Leatherwood, Art. “Hereford Cattle”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年11月27日閲覧。
  23. ^ John O Meusebach - Find a Grave(英語)
  24. ^ Wentsch, George M. “Pedernales Electric Coop”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Society. 2010年11月27日閲覧。
  25. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  26. ^ U.S. Decennial Census
  27. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯30度43分 西経99度13分 / 北緯30.72度 西経99.22度 / 30.72; -99.22