ミスター・ビッグ (イギリスのバンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミスター・ビッグ
基本情報
別名 バーント・オーク
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ポップ・ロック
活動期間 1972年 - 1978年
1990年 - 1998年
2005年 - 2012年
旧メンバー
ディッケン
ピーター・クロウザー
チャルキー
ジョン・バーニップ
エディ・カーター
ジョン・ロバート・マーター
ミッキー・ルウェリン

{{{Influences}}}

ミスター・ビッグMr.Big)は、イギリスロック(ポップ・ロック)バンド。ディッケンことジェフ・ペインによって結成され、1977年にヒットした『恋するロミオ(Romeo)』が最もよく知られている[1]。バンドとしての活動期は、1972年から1978年にかけての第1期と、1990年から1998年にかけての第2期、2005年から現在の第3期に分けられる。

バイオグラフィ[編集]

ミスター・ビッグのメンバーは元々、バーント・オークBurnt Oak)という名前で1960年代後期から一緒にプレイしていた。ミスター・ビッグというバンド名での最初の演奏は、1972年、ロンドンオックスフォード・ストリートのマーキー・クラブ(en:Marquee Club)で、マネージャーがチラシにバーント・オークの代わりにミスター・ビッグという名前を使ったからだった。マネージャーはビラの変更を拒み、以後バンドはその名前で活動することになった[2]

1974年、ミスター・ビッグはエピック・レコードと契約し、3枚のシングルをリリースした。どの曲もヒットには至らなかったものの、Ayesha Broughの『Lift Off』というテレビのポップ音楽番組と、BBCの警察ドラマ『Softly, Softly: Taskforce』に(俳優歌手のポール・ニコラウス(en:Paul Nicholas)をリード・シンガーに迎えて)出演した。

1975年モット・ザ・フープルのマネージャーのボブ・ハーシュマンがミスター・ビッグのマネージを引き受けることになった。EMIに移籍してファースト・アルバム『甘美のハード・ロッカー(Sweet Silence)』を発表。このアルバムのプロモーションのために、マイク・マンスフィールドの『Supersonic』や『Superpop』に出演した。11月には、クイーンの『オペラ座の夜』ツアーをサポートした。

1976年、ミスター・ビッグは自身のUKツアーを行い、さらにスウィートヨーロッパ・ツアーをサポートし、デンマークオランダのテレビに出演し演奏した。それからカリフォルニア州ロサンゼルスで、ヴァル・ギャレイをプロデューサーに迎えて、セカンド・アルバム『フォトグラフィック・スマイル(Mr Big)』をレコーディングした。

1977年、ミスター・ビッグは2月から4月にかけて、トム・ペティジャーニーカンサスザ・ランナウェイズと一緒にアメリカ・ツアーを行った。一方、アルバム『フォトグラフィック・スマイル』からシングル・リリースされた『恋するロミオ』が、BBCの一時的放送禁止措置にもかかわらず、全英シングルチャートで第4位になった。この曲は日本オーストラリア、アメリカ合衆国、ヨーロッパの一部の国でも好セールスをあげ、南アフリカ共和国のバンドがカバーもした。続けて第2弾シングル『故郷への慕情(Feel Like Calling Home)』をリリースしたが、前作ほどの成功は得られず、チャートも35位止まりだった[1]。ミスター・ビッグはイギリスやヨーロッパのテレビに出演し、自身のUKツアーも行った。

1978年、モット・ザ・フープルのイアン・ハンターen:Ian Hunter (singer))をプロデューサーに迎えてサード・アルバム『Seppuku』をレコーディングし[3]、再びUKツアーを行った。アルバムからシングル・リリースした『Senora』をBBCの『トップ・オブ・ザ・ポップス』で演奏するが、ほどなくしてバンドは解散してしまった。

ディッケンとベーシストのピーター・クロウザーはブロークン・ホームBroken Home)というバンドで活動を続け、2枚のアルバムをリリース、1980年にはレディング・フェスティバルに出演、さらにノルウェードイツで小ヒットを飛ばした。

ブロークン・ホーム解散後のディッケンは、さまざまなミュージシャンとコラボレートする一方で、ソロとしても活動するが、1989年には再びミスター・ビッグとしての活動を開始、この時期に録音された楽曲は1996年にアルバム『レインボー・ブリッジ(Rainbow Bridge)』としてディッケンの自主レーベルより発売された。しかし、当時アメリカに同名人気バンドがいたため、混同を避けるためにアルバムはMr Big UK名義で発表された。 ディッケンはその後画家としての活動もはじめ、平行して音楽活動を続けたが、次第に表舞台からは姿を消した。

2005年、ディッケンはエディ・カーターとともに三たびミスター・ビッグとしての活動を開始。2007年にはイギリスのマイナー・レーベル angel airより、ディッケンの活動を総括するようなベスト・アルバム『DICKEN』が発売された。これにはディッケンのソロ時代の曲や'Mr Big UK期の貴重な音源にまじり、新たに録音された新曲が収められた。

2011年には実に33年ぶりとなるミスター・ビッグ名義での4枚目のアルバム『Bitter Streets』が完成。同年7月に発売された。

脚注[編集]

  1. ^ a b Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums, 19th, London: Guinness World Records Limited, p. 371. ISBN 1-904994-10-5.
  2. ^ CD『ミスター・ビッグ/フォトグラフィック・スマイル』のライナーノート(解説・赤岩和美)には別の説が紹介されている。デイリー・ミラー紙で、ヨーロッパのポルノ・キング(別名ミスター・ビッグ)逮捕の新聞記事が大きく出ていたのを見て、メンバー自ら改名した、ということである。
  3. ^ このアルバムは当時未発表だったが、2001年になってようやくリリースされた。

参考文献[編集]

  • 東芝EMI株式会社のCD『ミスター・ビッグ/フォトグラフィック・スマイル』のブックレット - 解説・赤岩和美、対訳・山本安見。