モット・ザ・フープル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モット・ザ・フープル
1974年のモット・ザ・フープル}
1974年のモット・ザ・フープル
基本情報
出身地 イングランド、ヘリフォードシャー
ジャンル ロックグラム・ロックハード・ロック
活動期間 1968–1974
レーベル アイランドCBSコロムビア
旧メンバー
イアン・ハンター (1969-1974)
ミック・ラルフス (1969-1973)
ヴァーデン・アレン (1969-1972)
ピーター・ワッツ(1969–1978)
デイル・グリフィン(1969–1978)
ルーサー・グロヴナー (1973-1974)
モーガン・フィッシャー (1973 サポート、1974-1978 正式メンバー)
ミック・ロンソン (1974)

{{{Influences}}}

モット・ザ・フープル (Mott the Hoople) は、イギリスのロックバンド。

略歴[編集]

1968年に結成された、サイレンスというバンドを前身とする。アイランド・レコードのプロデューサーのガイ・スティーヴンスが、ヴォーカルのスタン・ティピンズに不満を感じ、オーディションを経てイアン・ハンターがヴォーカルとして加入。スタン・ティピンズは、ロードマネージャーとしての役割を与えられ、時折レコーディングやライヴにも参加した。その後、バンド名をウィラード・メイナスの小説から採り、モット・ザ・フープルと改め、アイランド・レコードと正式に契約し1969年にデビューした。

デビュー当初からライヴが好評だったが商業的に振るわず、1972年3月26日スイスのチューリッヒでのライヴの後、ついに解散を決定する。しかし、早くからこのバンドを気に入っていたデヴィッド・ボウイが、その話をオヴァレンド・ワッツから聞き付け、メンバーを説得し、楽曲の提供とプロデュースを申し出て彼らのために「すべての若き野郎ども (All the Young Dudes)」を書き下ろす(当初、ボウイから提供された曲は「サフラゲット・シティ」(ジギー・スターダスト収録)だったが、モット・ザ・フープル側はこれを拒否したため、ボウイは「すべての若き野郎ども」を提供し、モット・ザ・フープル側もこの曲を大変気に入った。さらにボウイは、「ドライブ・イン・サタディ」(アラジン・セイン収録)も提供しようと持ち掛け、モット・ザ・フープル側もこれにイエスと答えたが、何らかの事情で実現しなかった[1]。CBS移籍後に発表されたこの曲は、彼らにとって最大のヒットとなり、またグラムロックを代表する曲のひとつとなった。1973年1月、自作曲を発表する機会が少ないことを理由にヴァーデン・アレンが脱退し、バンドは暫くの間4人編成での活動を余儀なくされる。シングル「メンフィスからの道 (All The Way From Memphis)」がヒットするが『革命』の発表直前にミック・ラルフス(ギター)が脱退し、ポール・ロジャースらと共にバッド・カンパニーを結成。脱退の理由についてミック・ラルフスは、「いつも思っていたんだ。俺が書いた曲はポールみたいな人に歌ってもらいたがってるなって。俺たち2人にとっては完璧な組み合わせだったよ。で、すぐに行動に移したんだ」と語っている[2]。アレンとラルフスの後任としてモーガン・フィッシャー、ミック・ボルトン(UFO (バンド)のギタリストと同名だがまったくの別人)、ルーサー・グロヴナーが加入。

ルーサー・グロヴナーはまだアイランドとの契約が残っていたため、アリエル・ベンダー(Ariel Bender)という名前で活動することになる。

1974年には「ロックンロール黄金時代」がヒットしたが、同年7月にミック・ボルトンが脱退、後任としてブルー・ウィーバーが加入する。

同年9月、ルーサー・グロヴナーが脱退。後任としてミック・ロンソンを迎え入れ、マスコミはこれを歓迎したが、ロンソンがメンバーの技術に不満を感じハンター、ロンソンとワッツ、グリフィン、フィッシャーの3人との間に溝が出来ることになる。そして同年12月に、アメリカン・ツアーのプロモーションのため、ミック・ロンソンと共に渡米していたイアン・ハンターが心労により体調を崩し入院し、そのままミック・ロンソンと共に脱退。12月16日に、モット・ザ・フープルの解散が正式に告げられた。ミック・ロンソン在籍時に録音された曲は、シングル「モット・ザ・フープル物語」と「ラウンジ・リザード」のデモ録音のみだった。

2009年に行われた再結成ライヴ

その後、残ったメンバーはレイ・メジャーを加えるが、ヴォーカリスト探しは難航し、最終的にミック・ラルフスの紹介でナイジェル・ベンジャミンが加わりバンド名をモットと改名するがセールスは大きく落ち込み、さらに1977年にはヴォーカルのナイジェル・ベンジャミンが脱退し、ジョン・フィドラーに替わりブリティッシュ・ライオンズと改名し、アメリカに進出するがレコード会社の支持を得られず2ndアルバムは未発表のまま翌年に解散した。2009年、モット・ザ・フープル結成40周年を記念してオリジナルメンバーでの再結成ライヴが9月25日、26日にモンマスでウォーミングアップギグを行い、10月1日、2日、3日、5日、6日の5日間限定で、ロンドンのハマースミス・アポロにて行なわれる事が発表された。しかしデイル・グリフィンは体調が悪化したため一部の曲のみ参加し、プリテンダーズのマーティン・チェンバースが代役を務めた。2013年にも同様のメンバーでイギリスツアーを行った。

メンバーと主な担当楽器[編集]

MOTT THE HOOPLE
MOTT
BRITISH LIONS

エピソード[編集]

  • 当初から過激な暴力的なライヴ・パフォーマンスが有名で、客との喧嘩や機材の破壊などは日常茶飯事であった。イアン・ハンターによれば「ロイヤル・アルバート・ホールをめちゃくちゃにして、イギリスの色々なホールから締め出しを食らった」しかし、モーガン・フィッシャーによると自分が参加してからはそのような事は74年のハマースミスでの暴動以外には無く、ハンターがルーサーの首を絞める等のパフォーマンスもあくまで芝居としてやっていて暴力的なバンドではなかったと語っている。[3]
  • 1974年の全米ツアーの前座としてクイーンが同行した。ブライアン・メイの急病により途中で降板しているが、メンバー間の交流は現在まで続いている。また、クイーンの「ナウ・アイム・ヒア」にはモット・ザ・フープルが歌詞に登場している。
  • バンド解散後、1970年代末のイギリスで巻き起こったパンク・ロックのブームのさなかにおいて、それまで活動していたロックバンドのほとんどが侮蔑の対象にされた中、モット・ザ・フープルは例外的にパンク・ロッカーたちのリスペクトを受けることになった。ザ・クラッシュミック・ジョーンズはモット・ザ・フープルの追っかけをしていたことを公言し(ジョーンズの項参照)、クラッシュ自体もアルバム『ロンドン・コーリング』のプロデュースをガイ・スティーヴンスに託した。さらにジェネレーションXは自らのアルバムのプロデューサーにイアン・ハンターを迎えたほか[4]マンチェスター出身のパンクバンドであるスローター・アンド・ザ・ドッグス(Slaughter & The Dogs)は、バンド名の「Slaughter」をミック・ロンソンの『十番街の殺人(SLAUGHTER ON 10TH AVENUE)』から採っている(「Dogs」はボウイの『ダイアモンドの犬(Diamond Dogs)』から)[5]
  • 末期モット・ザ・フープルから、ブリティッシュ・ライオンズ時代まで在籍していたモーガン・フィッシャー(キーボード)は、現在日本在住。2007年公開の映画『神童』では俳優として活躍。

ディスコグラフィー[編集]

MOTT THE HOOPLE[編集]

オリジナルアルバム

ライヴアルバム

コンピレーションアルバム

映像作品

  • Under Review (2007年)
  • The Whole Story(2009年)
  • すべての若き野郎ども - Ballad of Mott the Hoople(2011年)

MOTT[編集]

オリジナルアルバム

ライヴアルバム

  • Live:Over Here and Over There 75/76(1999年)
  • By Tonight Live 1975/76(2009年)

コンピレーションアルバム

  • Gooseberry Sessions and Rarities(2000年)

BRITISH LIONS[編集]

オリジナルアルバム

ライヴアルバム

  • Live & Rare(1999年)
  • Live at the Old Waldorf: San Francisco 1978(2010年)

映像作品

  • One More Chance To Run - Live Germany 1978(2007年)

脚注[編集]

  1. ^ グラム・ロック黄金時代1971-1977:フィーチャリングモダーンポップ 31P
  2. ^ バッドカンパニー アンソロジー ライナーノーツ
  3. ^ レコードコレクターズ1996年9月号70P
  4. ^ ジェネレーションX / 人形の谷
  5. ^ 『ディスクガイドシリーズ PUNK UK EDITION』 シンコーミュージック・エンタテイメント 2006年 P92

関連項目[編集]