すべての若き野郎ども

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すべての若き野郎ども
モット・ザ・フープルシングル
収録アルバム すべての若き野郎ども
B面 新しき若者たち
リリース 1972年7月28日[1]
規格 7インチ・シングル
録音 1972年
ジャンル ロックグラムロック
時間 3分30秒
レーベル CBSレコード
作詞・作曲 デヴィッド・ボウイ
プロデュース デヴィッド・ボウイ
チャート最高順位
  • 3位(イギリス[2]
  • 37位(アメリカ)[3]
モット・ザ・フープル シングル 年表
ダウンタウン
(1971年)
すべての若き野郎ども
(1972年)
新しき若者たち
(1972年)
テンプレートを表示

すべての若き野郎ども」(原題:All the Young Dudes)は、デヴィッド・ボウイモット・ザ・フープルに提供した楽曲。1972年にシングル・ヒットした。ロック界のスタンダード・ナンバーの1つとして知られる曲で、ロックの殿堂のスタッフや音楽評論家たちが選出した「ロックン・ロールを形作った楽曲」の500曲の中にも含まれている[4]

解説[編集]

モット・ザ・フープルにとって、CBSレコード移籍第1弾リリースとなったシングルである。イアン・ハンターがリード・ボーカルを担当。バンドは1969年にデビューして以来、シングル・ヒットに恵まれていなかったが、本作で初の全英シングルチャート入りを果たし、最高3位に達した[2]

この曲は、1992年4月20日に行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートにおいて、クイーンのメンバー3人、デヴィッド・ボウイ、イアン・ハンター、ミック・ロンソンデフ・レパードジョー・エリオットとフィル・コリンのコラボレーションとして演奏された。その模様は、映像作品『フレディ・マーキュリー追悼コンサート』で確認できる。また、ミック・ロンソンの遺作となったアルバム『ヘヴン・アンド・ハル』(1994年)にもジョー・エリオットのリミックスで同音源が収録された。

イアン・ハンターは、2001年にリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのツアーに参加した際にもこの曲を歌っており、その模様はライヴ・アルバム『King Biscuit Flower Hour Presents Ringo & His New All-Starr Band』(2002年発表)にも収録された。

モット・ザ・フープルの演奏による「すべての若き野郎ども」は、映画『JUNO/ジュノ』(2007年公開)で使用され、オリジナル・サウンドトラック・アルバムにも収録された[5]

ザ・クラッシュのアルバム『動乱(獣を野に放て)』には、アンサーソング「全ての若きパンクスども」が収録されている。

デヴィッド・ボウイ・ヴァージョン[編集]

作者のボウイは、アルバム『アラジン・セイン』(1973年)のためのレコーディング・セッションで本作のセルフ・カヴァーを録音したが、当時は発表されなかった。ボウイがスタジオ録音したヴァージョンは、後にベスト・アルバム『ザ・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ 1969-1974』(1997年)や、2003年に発売された『アラジン・セイン』の30thアニバーサリー・エディションで聴けるようになった。

ボウイは、1973年のツアーで「すべての若き野郎ども」を歌っており、1973年7月3日のロンドン公演で歌われたヴァージョンが、ライヴ・アルバム『ジギー・スターダスト・ザ・モーション・ピクチャー』(1983年発表)に収録されている。

カバー[編集]

すべての若き野郎ども
ブルース・ディッキンソンシングル
収録アルバム タトゥード・ミリオネア
B面 ダークネス・ビー・マイ・フレンド
シン・シティ(12インチ・シングル、12cmCDシングルのみ)
リリース 1990年6月
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
12cmCDシングル
ジャンル ロックヘヴィメタル
時間 3分50秒
レーベル EMI[6]
作詞・作曲 デヴィッド・ボウイ
プロデュース クリス・タンガリーディス
チャート最高順位
  • 23位(イギリス)[7]
ブルース・ディッキンソン シングル 年表
タトゥード・ミリオネア
(1990年)
すべての若き野郎ども
(1990年)
ダイヴ!ダイヴ!ダイヴ!
(1990年)
テンプレートを表示

ブルース・ディッキンソン[編集]

ブルース・ディッキンソンは、アイアン・メイデン在籍時に発表された初のソロ・アルバム『タトゥード・ミリオネア』(1990年)で、この曲をカヴァーした。同アルバムからの第2弾シングルとしてもリリースされて、全英シングルチャートで5週に渡ってチャート・インを果たす[7]

12インチ・シングルや12cmCDシングルには、AC/DCのカヴァー「シン・シティ」が追加収録された。

その他[編集]

脚注[編集]