グレイト・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレイト・ホワイト
Great White
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
ロサンゼルス
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
グラム・メタル
活動期間 1978年 - 現在
レーベル キャピトル
Frontiers
公式サイト MISTABONE.com
メンバー
テリー・イルス(vo
マーク・ケンドール(g
マイケル・ローディ(g、key
オーディ・デスブロウ(dr
スコット・スナイダー(b
旧メンバー
該当項目を参照

グレイト・ホワイトGreat White)は、アメリカ合衆国ハードロックバンド。

LAメタルムーヴメントの中から頭角を現し、1980年代後半から1990年代初めにかけてヒット作を連発した。1990年代半ば以降はヒットに恵まれなかったものの、アルバムをリリースし続けた。2003年、ヴォーカリストのソロユニットがツアー先のナイトクラブで演奏中に火災が発生、バンドのギタリストを含む100名の死者を出す事故に遭遇。以来しばらくブランクが続いたが、2007年にニューアルバムを発表してシーンに復帰した。

略歴[編集]

1978年にジャック・ラッセル(ヴォーカル)とマーク・ケンドール(ギター)が中心となりロサンゼルスで結成されたダンテ・フォックスが前身。1982年にグレイト・ホワイトへと改名し1983年自主製作のミニLPでレコードデビュー。バンド名はグレイト・ホワイト・シャーク(ホホジロザメ)に由来し、ジャケットに鮫があしらわれた作品も多い。翌1984年最初のフルアルバム発表後、セールス不振のためレコード会社に契約を打ち切られるという多難なスタートであったが、1986年に発表した2作目のアルバム『ショット・イン・ザ・ダーク』が成功して復活。以降、LAメタルとは一線を画すブルースに根差したハードロックバンドへと転身を図った。1987年、ブルージーで骨太なハードロック路線を打ち出したフルアルバム3作目『ワンス・ビトゥン』が全米23位を記録するヒットとなり、バンドの人気を決定付けた。続く1989年発表のアルバム『...トゥワイス・シャイ』、1991年発表の『フックト』もそれぞれ全米9位、18位とヒットを記録。これらのアルバムから『ロック・ミー』『ワンス・ビトゥン・トゥワイス・シャイ』(イアン・ハンターのカヴァー曲)を始めとしてシングルヒットもいくつか生まれた。1990年にはグラミー賞候補にノミネートされている。

1990年代中盤以降はセールスには恵まれなかったが、時代と距離を置きつつコンスタントな活動を続けていた。ジャックのロバート・プラントに似た声質を活かしたレッド・ツェッペリンのカヴァーを収めたライヴアルバムや、ナイト・レンジャージャック・ブレイズをプロデューサーに迎えたアルバムも制作している。

2000年、ジャックを除くメンバーが脱退、実質的にオリジナルのグレイト・ホワイトとしては解散、創作活動休止の状態となる。実際にはマークは時折バンドに加わって演奏していたものの、ジャックは自らの名を冠したソロプロジェクト「ジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイト」として活動を続けていた。しかしその最中の2003年2月20日、ツアー先のロードアイランド州ウェストウォリックのナイトクラブ「ザ・ステーション」で、演出に使用した花火がカーテンに引火し火災が発生。同プロジェクトのギタリストを含む100名が死亡する惨事となった[1]

事故後、しばらく鳴りを潜めていたグレイト・ホワイトだが、事件が決着をみた2006年に1999年当時のメンバーで再結成。2007年、8年振りのオリジナルアルバム『バック・トゥ・ザ・リズム』を発表。2009年にはアルバム『ライジング』を発表して完全復活を果たし、ライヴ活動を続けていた。しかし2010年、ジャック・ラッセルが胃穿孔のため休養に入りそのまま脱退、この間バンドは故ジェイニー・レインポール・ショーティノをヴォーカルに立ててツアーを続行。ジャックは回復後再び別バンドのジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイトを結成した。残ったグレイト・ホワイト本体は元XYZのテリー・イルスを後任ヴォーカリストに迎えて、デビュー30年目の2012年、新ラインナップによるアルバム『イレイション』を発表している。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

  • テリー・イルス Terry Ilous(リードヴォーカル)
  • マーク・ケンドール Mark Kendall(リードギター):1957年、カリフォルニア州生れ
  • マイケル・ローディ Michael Lardie(ギター、キーボード):1958年、アンカレッジ生れ・サクラメント育ち
  • オーディ・デスブロウ Audie Desbrow(ドラムス):1957年、ロサンゼルス生れ
  • スコット・スナイダー Scott Snyder(ベース):シカゴ生れ、2008年から参加

過去のメンバー[編集]

  • ジャック・ラッセル Jack Russell(リードヴォーカル):1960年、カリフォルニア州生れ
  • ローン・ブラック(ベース)
  • ゲイリー・ホーランド(ドラムス)
  • トニー・モンタナ(ベース)
  • J・トッド・ヘンソン(ギター)
  • ショーン・マクナブ Sean McNabb(ベース):1965年、インディアナ州生れ。現ドッケン
  • タイ・ロングリー(ギター):ジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイトに参加、2003年の惨事で犠牲となる

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

ベスト盤[編集]

  • 1993年 The Best Of Great White: 1986 - 1992
  • 1998年 The Best Of Great White(日本編集)
  • 2000年 The Best Of Great White
  • 2006年 Rock Me: The Best Of Great White

ライブ盤等[編集]

シングル[編集]

  • 1984年
    • Stick It
  • 1987年
    • Face The Day
    • Rock Me(全米60位)
    • Save Your Love(全米57位)
    • Lady Red Light
  • 1989年
    • Mista Bone
    • Once Bitten, Twice Shy(イアン・ハンターのカヴァー曲、全米5位)
    • The Angel Song(全米30位)
  • 1990年
    • House Of Broken Love(全米83位)
  • 1991年
    • Call It Rock & Roll(全米53位)
    • Desert Moon
  • 1992年
    • Big Goodbye
    • Old Rose Motel
  • 1994年
    • Sail Away
  • 1999年
    • Rollin' Stoned

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実際に現場にいたのはあくまでジャックのソロユニットになるラインナップだが、報道でGreat Whiteの文字が過度にクローズアップされたこともあって、以後しばらくグレイト・ホワイトの名を使うことは自粛を余儀なくされた。なお「ザ・ステーション」は築60年の木造であったという。詳細はen:The Station nightclub fireを参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]