マーク・ダカスコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ダカスコス
Mark Dacascos
マーク・ダカスコスMark Dacascos
2011年
本名 Mark Alan Dacascos
生年月日 1964年2月26日(50歳)
出生地 ハワイ州ホノルル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
活動期間 1985年 -
配偶者 ジュリー・コンドラ
主な作品
ジェヴォーダンの獣
クライング フリーマン

マーク・ダカスコス(Mark Dacascos, 1964年2月26日 - )は、アメリカハワイ州ホノルル生まれの映画俳優

来歴[編集]

母モリコ・マクヴェイ=マレイ(Moriko McVey-Murray)は日本人アイルランド系アメリカ人の混血。父アル・ダカスコス(Al Dacascos)はスペイン人中国人フィリピン人の混血で、姓はギリシア系である。エキゾチックな風貌を持ち、それが彼の大きな魅力になっている。 母方の祖母は広島出身であり、原爆投下時に広島にいた。

両親がカンフーの師範だったため、4歳から格闘技を習う。9歳までハワイに住んでいたが、両親が武術指導を考え、ドイツに移住。18歳の時カンフーのヨーロッパ選手権で優勝。その後、僧侶に憧れて台湾に行った。ポートランド州立大学中国語演劇を専攻した。サンフランシスコチャイナタウンを歩いていてウェイン・ワン監督のスタッフにスカウトされ、映画のオーディションを受け、俳優になった。1985年『dim sum』で映画デビュー。テレビドラマ『クロウ・天国への階段』の主役も務めた。

クライング フリーマンで共演した女優のジュリー・コンドラと結婚。二男一女がいる。

日本人の血が流れているせいか、日本とのかかわりも多い。初期の主演作『ダブルドラゴン』は北米で絶大な人気を誇った日本製ゲームが原作であり、映画と同時期にリリースされた同タイトルの対戦型格闘ゲーム版キャラクター(ドット絵)は彼をイメージして描かれている(通常コスチュームでの勝ちポーズに顕著)。出世作の『クライング フリーマン』(小池一夫原作、池上遼一作画)では、加藤雅也と共演している。劇中で日本語を話すシーンがあるが、発音・イントネーションともに完璧で、日本人と変わらないほど上手。『SPY_N』では藤原紀香と共演している。またフジテレビ料理の鉄人』の輸入版である『アイアン・シェフ・アメリカ』においては、日本の鹿賀丈史主宰の甥という設定で「アメリカ美食アカデミー主宰」を演じている。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]