マリーア・ベアトリーチェ・ダズブルゴ=エステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンティソン伯爵夫人マリーア・ベアトリーチェ

マリア・ベアトリクス・アンナ・フランツィスカ・フォン・エスターライヒ=エステ:Maria Beatrix Anna Franziska von Österreich-Este, 1824年2月13日 モデナ - 1906年3月18日 グラーツ)は、イタリアのモデナ公国の支配者オーストリア=エステ家の公女。スペインのカルリスタ王位請求者であるモンティソン伯フアンに嫁いだ。イタリア語名はマリーア・ベアトリーチェ・ダズブルゴ=エステMaria Beatrice d'Asburgo-Este)。

モデナ公フランチェスコ4世とその妻でサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世の娘であるマリーア・ベアトリーチェの間の次女、末娘として生まれた。1847年2月6日、スペインの王位請求者モリナ伯カルロスの次男モンティソン伯フアンと結婚した。夫は1860年にカルリスタ王位請求者となり、1883年にはフランスのレジティミスト王位請求者の地位を受け継いだ。夫妻は新婚当初はモデナで暮らしたが、1848年革命が起きるとイギリスに移住した。

マリーア・ベアトリーチェは極めて保守的な思想の持ち主であり、やがて自由主義者の夫モンティソン伯爵とは深刻な不和が生じた。夫妻は1850年には別居し、マリーア・ベアトリーチェはモデナに帰ったが、1860年にはモデナ公爵家とともにイタリアを追放される憂き目を見た。息子たちが成人すると、マリーア・ベアトリーチェは1872年にグラーツカルメル会修道院に入り、「マリア・イグナティア」修道女として余生を送った。

子女[編集]

夫モンティソン伯爵との間に息子を2人もうけた。