マリーア・テレーザ・ダウストリア=エステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリーア・テレーザと子供たち

マリーア・テレーザ・ダウストリア=エステ:Maria Teresa d'Austria-Este, 1773年11月1日 - 1832年3月28日)は、マリア・テレジアの四男フェルディナント大公とその妻のマッサ=カッラーラ女公マリーア・ベアトリーチェ・デステの長女。オーストリア=エステ大公女。サルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ1世の王妃となった。全名はドイツ語マリア・テレジア・ヨハンナ・ヨゼフィーネ・フォン・エスターライヒ=エステ(Maria Theresia Johanna Josephine von Österreich-Este)。

子女[編集]

執筆の途中です この「マリーア・テレーザ・ダウストリア=エステ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア