マリーア・クリスティーナ・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
両シチリア王妃マリーア・クリスティーナ

マリーア・クリスティーナ・ディ・サヴォイア(Maria Cristina di Savoia, 1812年11月14日 - 1836年1月21日)は、両シチリアフェルディナンド2世の最初の王妃。

サルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ1世と王妃マリーア・テレーザの六女(第7子)として、カリアリで生まれた。

1832年11月21日、フェルディナンドと結婚した。1836年1月16日に長男フランチェスコ(のちのフランチェスコ2世)を生むが、5日後に急死した。

執筆の途中です この「マリーア・クリスティーナ・ディ・サヴォイア」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア