マリーア・アントニア・ディ・スパーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サルデーニャ王妃マリーア・アントニア

マリーア・アントニア・ディ・スパーニャMaria Antonia di Spagna, 1729年11月17日 - 1785年9月19日)は、サルデーニャヴィットーリオ・アメデーオ3世の妃。スペイン語マリア・アントニエッタ・デ・ボルボーン(Infanta María Antonieta de Borbón)。

マリーア・アントニアは、スペインフェリペ5世と王妃エリザベッタ・ファルネーゼの末娘として、セビリアで生まれた。

1750年3月31日、トリノ近郊のウルクスで、当時サルデーニャ王子だったヴィットーリオ・アメデーオと結婚。12子をもうけた。

マリーア・アントニアは、トリノ近郊のモンカリエーリ城で死去し、スペルガ聖堂に埋葬された。