マリー・テレーズ・ド・サルデーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・テレーズ

マリー・テレーズ・ド・サルデーニュ(Marie Thérèse de Sardaigne)またはマリー・テレーズ・ド・サヴォワ(Marie Thérèse de Savoie、1756年1月31日 - 1805年6月2日)は、アルトワ伯シャルル・フィリップ、のちのフランスシャルル10世の妃。夫の即位前に他界したため、王妃にはならなかった。イタリア語マリーア・テレーザ・ディ・サヴォイア(Maria Teresa di Savoia)。

サルデーニャヴィットーリオ・アメデーオ3世と王妃マリーア・アントニエッタスペインカルロス3世エリザベッタ・ファルネーゼの娘)の三女として、トリノで生まれた。シャルル10世らの祖父ルイ15世の母であるマリー・アデライード・ド・サヴォワはマリー・テレーズの大伯母にあたる。

マリー・ジョゼフィーヌ(マリーア・ジュゼッピーナ)は1771年にルイ16世の弟プロヴァンス伯ルイ・スタニスラス(のちのルイ18世)と結婚していたが、マリー・テレーズも1773年11月にプロヴァンス伯の弟アルトワ伯と結婚した。1775年には兄カルロ・エマヌエーレ4世が夫の妹クロティルドと結婚している。

マリー・テレーズではなく、コンデ公ルイ5世ジョゼフの娘ルイーズ・アデライード (enとの結婚を望んだという夫との結婚生活は不幸だった。彼女は、義理の姉マリー・アントワネットとの付き合いを避けたにもかかわらず、当時のフランス宮廷で民衆から最も嫌われた王族の一人だった。

1789年、フランス革命勃発後にフランスを家族で脱出した。1805年、亡命先のグラーツで死去し、アルトワ伯爵夫人として、グラーツ大聖堂に葬られた。

子女[編集]