ボース分布関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボース分布関数 (Bose distribution function) は、ボース=アインシュタイン分布関数 (Bose–Einstein distribution function) とも呼ばれ、相互作用のないボース粒子の占有数についての分布関数である。

ボース分布関数は、ボース粒子の一粒子状態|\psi_\nu\rang の占有数n_\nuの統計的期待値\lang n_\nu \rangはエネルギー\varepsilon の関数として、以下の式で表される。

 \lang n_\nu(\varepsilon) \rang = \, {1 \over {\exp\left\{ {1 \over {k_B T} } (\varepsilon - \mu)\right\} - 1 } }
 k_B  : ボルツマン定数
 \mu  : 化学ポテンシャル(ケミカルポテンシャル)

\mu\leq0 である。\mu=0\, となるのは生成および消滅が起こる光子フォノンなどの粒子系か、 ボース=アインシュタイン凝縮を起こしている粒子系である。

関連記事[編集]