アインシュタイン模型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アインシュタイン模型とは、固体の比熱の温度依存性を説明するために、アインシュタインが提案した固体の格子振動についての模型のこと。N個の同種原子からなる結晶の格子振動を、N個の独立な3次元調和振動子とみなし、しかも全てが同じ振動数を持つとした。

アインシュタイン模型では、格子振動の低周波領域が正しく扱われていないが、この点はデバイ模型によって改良された。