ボブ・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボブ・ロス(Bob Ross, 1942年10月29日 - 1995年7月4日)は、アメリカ画家。「ボブ・ロス画法」と呼ばれる油彩の画法を紹介するとともに、教室や画材販売などのビジネスを展開した。日本では『ボブの絵画教室』で有名になった。身長185cm。

経歴[編集]

1942年にフロリダ州デイトナビーチで生まれる。アメリカ空軍に20年在籍。主にアラスカに駐在し、このときの体験が後のロスの絵画によく登場する雪山や針葉樹林などのモチーフの元となった。1995年にリンパ腫のため52歳で逝去。

ボブの絵画教室[編集]

1983年から1994年にかけてアメリカPBSテレビで放送されたテレビ番組「ボブの絵画教室」(原題:The Joy of Painting)に出演。もじゃもじゃのアフロヘアーヒゲの風貌と、穏やかでユーモアのある語り口で多くのファンを獲得し、絵画番組として本国アメリカでは記録的な長寿番組となった。日本でも1990年代前半にNHK-BSで放送されたのをはじめ、メキシコ韓国台湾イギリスドイツオランダトルコなどでもTV放送されて人気を集めた。日本語版では、ロスの声をあてた声優石井隆夫の軽妙な演技も番組の魅力に花を添えた。世界各国でDVD化され、日本でもDVD-BOXが発売されている。

息子のスティーヴ・ロスも父の画法を学び、「ボブの絵画教室」では代役をつとめた事もあったが、現在は絵画からは離れている。

ボブ・ロス画法[編集]

ロスの油彩の画法はボブ・ロス画法と呼ばれる。通常の油彩技法が塗っては乾かすという作業を繰り返すので完成まで長い時間を必要とするのに対し、ウエット・オン・ウエットWet-on-wet)と呼ばれる、未乾燥の塗膜に描画する方法や、ぼかし込みの多用、油分の多い絵具を下塗りすることにより、短時間で作品を仕上げることが出来るようにした。下塗り以外の絵具は通常より油分の少ない絵具を使うため、絵具を酸化重合させることなく塗り重ねる。これは伝統的な「ファット オーバー リーン(Fat over lean)」という油分の少ない上により多くの油分を要求する伝統的な油彩画の格率に従ったものである。

ただしアカデミックな直描き(じかがき、プリマ描き、アラプリマ。直接描き重ねていく制作の方法)は古来より存在しており、彼が「考案した」といえるのは個別的で具体的な細部であるとするのが妥当だろう。ロスも、絵画教室のテレビ番組を持っていた画家のウィリアム・アレクサンダーに師事してこの技法を学んでいる。それに工夫を加え、筆やナイフの特徴的な使用により、今まで絵を描いたことのない人でも気軽に油絵が描けるようにしたロスの功績は大きい。また下書きをしないで最初から着色していくのもこの技法の特徴である。現在プロの画家も使用しているアクリル絵具ジェッソを下塗りに使ったのはロスであり、通常では得られない劇的な効果を生み出だした。

使用する絵具は13色、ジェッソ、下塗り用油絵具は合わせて5種類。日本未放送分の番組では何色かのアクリル絵具も使用。筆は10種類、ナイフは2種類を、絵によって使い分ける。

『探偵!ナイトスクープ』での登場[編集]

日本では、『探偵!ナイトスクープ2004年6月4日放送分で「ボブの絵画教室」登場し、再び着目された。

この時は「ボブに会って直接指導してもらいたい」という依頼だった。しかし、既にボブは故人となっていることもあり、ボブの声を担当していた石井隆夫を招いて番組を見ながら画風の再現を試みた。ただし、この番組ではロスの絵に不可欠なリキッドホワイトの下塗りを行わなかったため、絵画は技術の習熟度を抜きにしても芳しい完成度とはならなかった。

その後、番組での軽快なトークや実際に誰でも描けそうな番組構成が受け、DVD-BOXが発売された。

外部リンク[編集]