ホームズ彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホームズ彗星
17P/Holmes
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
アウトバースト直後のホームズ彗星(2007年10月25日)
発見
発見者  エドウィン・ホームズ
発見日  1892年11月6日
符号・別名  1892 V1 = 1892 III =
1892f =
1899 L1 = 1899 II =
1899d =
1906 III = 1906f =
1964 O1 = 1964 X =
1964i =
1972 I = 1971b =
1979 IV = 1979f =
1986 V = 1986f =
1993 VII = 1993i
軌道要素 - IAUNASA
元期 2007年5月1日 (JD 2,454,221.5)
離心率 (e)  0.432
近日点距離 (q)  2.053 AU
軌道長半径 (a)  3.617 AU
遠日点距離 (Q)  5.182 AU
公転周期 (P)  6.88
軌道傾斜角 (i)  19.11°
近日点引数 (ω)  24.26°
昇交点黄経 (Ω)  326.87°
前回近日点通過  2007年5月4日
次回近日点通過  2014年3月27日
2007年10月25日の軌道上の位置

ホームズ彗星(ほーむずすいせい、17P/Holmes)は、太陽系の短周期彗星の一つ。1892年エドウィン・ホームズが発見した。

発見[編集]

この彗星は1892年11月6日アンドロメダ銀河の定期観測を行っていたホームズによって発見された。グリニッジ天文台エドワード・ウォルター・マウンダー、イングランドのウィリアム・ヘンリー・マウ、ブラムリーのキッドらがこれを確認した。11月8日にはエジンバラトーマス・デーヴィッド・アンダーソンによって、11月9日にはマッケイ(オーストラリアのクイーンズランド)のジョン・エウェン・デーヴィッドソン1889年7月19日にC/1889 O1(クイーンズランドで発見された最初の彗星)を発見した人物)によってそれぞれ独自に発見された。

初期の概算軌道は、ハインリヒ・クロイツジョージ・サールによってそれぞれ独自に計算された。改良軌道は近日点を通過したのが6月13日だったこと、公転周期が6.9年であることを示した。これらの計算によって、この彗星はビエラ彗星の回帰ではないことが明らかになった。

1899年1906年にもこの彗星は観測されたが、その後は行方不明になっていた。ブライアン・マースデンによるコンピューターを用いた予測に基き、1964年7月16日アメリカアリゾナ州フラグスタッフアメリカ海軍天文台エリザベス・レーマーが再発見し、それ以降はすべての回帰で観測されている。

増光[編集]

2007年10月24日から25日未明(日本時間)にかけて、ペルセウス座の付近にあったホームズ彗星は2日足らずの間に17等星から2等星台にまで(約40万倍)明るくなり[1][2]、明るく黄色い“星”として肉眼でも容易に見ることができるようになった[3]。このような急激な増光(アウトバースト)は、彗星から大量のガスまたはチリが突然放出されたことによるものと説明することができる。なお、この彗星は1892年に発見された時も同様のアウトバーストを起こしていた。

彗星が突如としてガスや塵を放出した理由はよく知られていない。単純な説明としては彗星に小天体が衝突したことが考えられるが、ホームズ彗星のような小さな天体が100年程度の間隔で2回の大規模衝突に見舞われる可能性は高くない。別の考察としては、彗星内部の温度上昇によって非晶質結晶質の氷に相転移し、溶け込んでいたガスが放出されたというものがある。しかしこの現象が起きても彗星からはゆるやかにガスが湧き出るのみに終わる可能性もあり、爆発的なアウトバーストの引き金となるかは明らかでない[4]

脚注[編集]

  1. ^ 国立天文台:アストロ・トピックス (342)「肉眼光度にまで大増光したホームズ彗星」2007年10月25日
  2. ^ Gunn, Angela. "Flash News Flash!," USA Today Tech Space, 24 October 2007. Retrieved 25 October 2007.
  3. ^ Fischer, Daniel. "Incredible comet eruption: from under 17th to 3rd magnitude in hours!," The Cosmic Mirror, #306, 24 October 2007. Retrieved 25 October 2007.
  4. ^ David Shiga (2010年2月22日). “Sun's warmth blows comet's icy heart apart”. New Scientist. http://www.newscientist.com/article/mg20527483.800-suns-warmth-blows-comets-icy-heart-apart.html 2010年2月23日閲覧。 

外部リンク[編集]


前の彗星:
ブルックス第2彗星
周期彗星
ホームズ彗星
次の彗星:
パーライン・ムルコス彗星