ペレコープ地峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリミア半島の付け根とペレコープ地峡の地図

ペレコープ地峡ウクライナ語: Переко́пський переши́йок; ラテン文字表記の例: Perekops'kyi pereshyiok; クリミア・タタール語: Or boynu; ロシア語: Переко́пский переше́ек; ラテン文字表記の例: Perekopskiy peresheek)は、ウクライナ本土とクリミア半島の間を結ぶ、長さ30キロメートル、幅5キロメートルから7キロメートルほどの細長い地峡。地名は、クリミア・タタール人の要塞があった村落ペレコープに由来する。

地峡は西側を黒海に、東側をアゾフ海に挟まれている。ウクライナ本土とクリミア半島との間のアゾフ海は、腐海(スィヴァーシュ、スヴァシュ、シヴァーシュとも)という非常に浅い干潟となって東西に長く広がっており、東のアラバト砂州ウクライナ語版ロシア語版英語版に開いたゲニチェスク海峡アゾフ海本体と繋がっている。腐海は非常に塩分濃度が高く、海底には泥が積もり夏には強い異臭がする水域で、交通の妨げとなっており、西端にある細いペレコープ地峡だけが通行できる場所になっている。腐海の東側には、腐海を東西に分ける狭いチョーンガル海峡ウクライナ語: Чонгарський півострів)があり、現在はここにも鉄道や幹線道路の渡る橋ができている。

ウクライナ本土南端のヘルソン州とクリミア半島のクリミア自治共和国の間の境界線はペレコープ地峡の北部を通る。ペレコープ地峡にある主な町村は、アルミャーンシク市ウクライナ語版クラスノペレコープシク市ウクライナ語版ペレコープ村ウクライナ語版など。かつて存在したペレコープ市ロシア語版は、1920年に戦闘により壊滅し現存しない。地峡には道路や鉄道のほか、ドニエプル川の水をクリミア半島へ送るクリミア運河も通り、クリミアへの陸上交通や物流や水道供給の生命線になっている。ペレコープの南ではを採掘でき、現在もこの地域に経済的利益をもたらしている。

歴史と戦い[編集]

ペレコープ堡塁の遺跡。長さ8,475メートルにわたってペレコープ地峡を横断する、深さ10メートル以上の濠

この狭い地峡は戦略的・商業的価値が高く、クリミアを支配した古代ギリシア人植民者や近世のクリミア・タタール人らは地峡に防衛施設としてペレコープ要塞ウクライナ語版ペレコープ堡塁ウクライナ語版を築いており、しばしば激しい戦いの舞台となった。15世紀にはジェノヴァ共和国の支配下に置かれ、後にクリミア・ハン国の領土となった。ストラボンはこの地峡を「イストゥム」(「地峡」の意)、ジェノヴァ共和国人は「ズハノ」と呼び、クリミア・タタール人は「オル」(壕、)と呼んでいた。

クリミア・ハン国はペレコープ地峡を横断する要塞線を築き、その門となる場所にオル=カプの要塞(ペレコープ要塞)を置いた。この要塞はクリミアとロシアやポーランド間の貿易や、クリミアやオスマン帝国で必要とされる白人奴隷の取引、地峡南部で取れる塩の生産で非常に栄えた。一方でウクライナ・コサックによる襲撃も何度も受けている。1783年クリミア・ハン国ロシア帝国に併合されたためペレコープ地峡はロシア領となっている。

1920年11月、ロシア内戦の終盤、ピョートル・ヴラーンゲリ将軍率いるロシア軍白軍)が立てこもるクリミア半島に対して、ミハイル・フルンゼ将軍率いる赤軍南部戦線がペレコープ地峡と腐海を渡るべく攻撃を開始した。このペレコープ=チョーンガル作戦によって双方が甚大な犠牲を出したが、最終的に赤軍が勝利し、ロシア内戦は終結へと向かい、敗れた白軍と民間人14万はクリミア半島を捨てて黒海をイスタンブルへと逃げることになった。この戦いで、ペレコープ市は壊滅した。

第二次世界大戦独ソ戦)では、エーリッヒ・フォン・マンシュタイン指揮下のドイツ国防軍およびルーマニア軍がペレコープ地峡を渡ってクリミア半島へと侵入した(セヴァストポリの戦い)。1941年9月24日から5日間にわたり続い戦いでは、地峡の奥深くまで敷かれた赤軍陣地にドイツ軍は苦戦したが突破し、セヴァストポリへと進んでいった。1944年5月9日、赤軍はドイツ軍からクリミア半島の支配を奪還している。

1954年ソビエト連邦ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国からウクライナ・ソビエト社会主義共和国へクリミアが移管された際にペレコープ地峡はウクライナの領域となった。

座標: 北緯46度08分58秒 東経33度40分20秒 / 北緯46.14944度 東経33.67222度 / 46.14944; 33.67222