ブリュノ・ペルティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリュノ・ペルティエ
Bruno Pelletier
Wiki PB066038.jpg
基本情報
出生 1962年8月7日(51歳)
出身地 カナダの旗 カナダ ケベック州
ジャンル ポップス
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル作曲家
活動期間 1992年 - 現在
レーベル ディスク・アーティスト
公式サイト www.brunopelletier.com
オフィシャルサイト

ブリュノ・ペルティエBruno Pelletier 1962年8月7日- )は、カナダケベック州出身の歌手。


デビューまで[編集]

ケベック・シティ郊外のシャルルスブールに Liette Pelletier と Laurent Pelletier の子として生まれる。若い頃から音楽に興味を持ち、楽器を演奏するようになる。

1983年、友人とともに英語のロック・グループ Amanite and Sneak Preview を立ち上げる。その後、フランス語で歌いたいと考え、グループ Pëll として活動開始。23歳の時にモントリオールに移り、バーで歌うようになる。1989年、Envolロック・コンテストに参加し、特別賞を受賞。1991年、サン・ジャン・シュー・リシュリューで行われた熱気球フェスティバルでのミュージカル「Vu d'en haut 高みからの眺め」に出演。翌年、ミュージカル「Les fous du rockn'roll ロックン・ロールの狂人たち」に出演、40回舞台を務める。


デビュー後[編集]

1992年10月、ファースト・アルバム「Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ」をリリース。同年11月には、リュック・プラモンドンとミッシェル・ベルジェ作のロック・オペラ「La Légende de Jimmy ジミーの伝説」に出演、ジェームズ・ディーン役を演じる。

1994年夏、フランスラ・ロシェルで開催された音楽フェスティバル FrancoFolies に招待を受け参加。9月、パリに戻りモガドール劇場でミュージカル「Starmania スターマニア」に出演、その年の暮れまで400回の舞台を務める。1995年にはセカンド・アルバム「Défaire l'Amour 愛の解消」をリリース。1997年にサード・アルバム「Miserere ミゼレレ」を発表し、20万枚を超える売り上げを記録、その年のフェリックス賞で最優秀男性歌手賞を獲得。また同時期に、ケベックのテレビドラマ「Omertà II オメルタ2」にも出演している。

1998年1月から8月にかけて、ケベック州で100回以上に及ぶコンサートを行う。その後パリでリュック・プラモンドンとリシャール・コッシアンテ作のミュージカル「Notre-Dame de Paris ノートルダム・ド・パリ」でグランゴワール役を演じる。1999年、4枚めのアルバム「D'autres rives 別のほとり」をヨーロッパとケベックで同時発売。この時期、ロンドンで「ノートルダム・ド・パリ」の英語版にも同グランゴワール役で出演。2001年、ライブ・アルバム「Sur Scène ステージの上」を発表。2002年夏、6枚めのアルバム「Un monde à l'envers 逆さまの世界」をリリース。

この間、モントリオール交響楽団と「Les Week-ends pop de l'OSM モントリオール響ポップ・ウィークエンド」シリーズのコンサートを行う。この成功により、2002年12月に再び同交響楽団とコンサートを行い、その模様がアルバム「Concert de Noël ノエル・コンサート」として録音・リリースされる。

2006年、ドラキュラの現代版ストーリーであるミュージカル「Dracula - Entre l'amour et la mort ドラキュラ - 愛と死のはざまで」において主役を演じる。そのコンセプト・アルバムは2005年にリリースされた。

2007年11月11日、ジャズ・スタイルのアルバム「Bruno Pelletier et le GrosZorchestre ブリュノ・ペルティエとでっかいオーケストラ」を発表。

2009年2月3日には最新アルバム「Microphonium ミクロフォニオム」をリリース、その年の11月にはロシアモスクワ)でのコンサートを成功させる。

2010年、5月にはウクライナキエフ)で、10月には再びロシアモスクワ)でのコンサートを成功させた後、オリジナル・キャストによる「ノートルダム・ド・パリ」公演(コンサートバージョン)でウクライナ(キエフ)、ロシア(モスクワ、サンクト・ペテルブルク)へ。

2011年、ケベックのミュージカル「Les Filles de Caleb カレブの娘たち」にナポレオン役で参加。ソロ・コンサートとして、5月にベラルーシミンスク)、ウクライナオデッサキエフ)、11月にはロシアモスクワサンクト・ペテルブルク)、ポーランドワルシャワ)へ。12月には再びオリジナル・キャストによる「ノートルダム・ド・パリ」公演でウクライナ(キエフ)、フランスパリ)へ。


アルバム[編集]

  • Bruno Pelletier ブリュノ・ペルティエ (1992)
  • Défaire l'amour 愛の解消 (1995)
  • Miserere ミゼレレ (1997)
  • D'autres rives 別のほとり (1999)
  • Sur scène ステージの上 (2001)
  • Un monde à l'envers 逆さまの世界 (2002)
  • Concert de Noël ノエル・コンサート (2003)
  • Dracula - Entre l'amour et la mort ドラキュラ - 愛と死のはざまで (2005)
  • Bruno Pelletier et le GrosZorchestre ブリュノ・ペルティエとでっかいオーケストラ (2007)
  • Microphonium ミクロフォニオム (2009)
  • Rendus là (2012)


参加ミュージカル[編集]

  • 「Starmania スターマニア」Johnny Rockfort ジョニー・ロックフォール役 1994年
  • 「Notre-Dame de Paris ノートルダム・ド・パリ」Gringoire グランゴワール役 1998年~2000年
  • 「Dracula - Entre l'amour et la mort ドラキュラ~愛と死のはざまで~」Dracula ドラキュラ役 2006年~2008年
  • 「Les Filles de Caleb カレブの娘たち」Napoléon ナポレオン役 2011年


受賞歴[編集]

フェリックス賞[編集]

  • 2008年 最優秀アルバム賞ジャズ歌唱部門「Bruno Pelletier et le GrosZorchestre」
  • 2000年 最優秀男性歌手賞(一般投票)
  • 2000年 最優秀アルバム賞ポップロック部門「D'autres rives」
  • 1999年 最優秀男性歌手賞(一般投票)
  • 1999年 最優秀舞台作品賞歌手部門「Notre-Dame de Paris」
  • 1999年 最多売上アルバム賞「Notre-Dame de Paris」
  • 1999年 最優秀ケベック州外活動ケベック・アーティスト賞 「Notre-Dame de Paris」
  • 1999年 最優秀アルバム賞人気投票部門「Notre-Dame de Paris 全曲版」
  • 1999年 最優秀人気曲賞「Le temps des cathédrales(歌:ブリュノ・ペルティエ)」
  • 1998年 最多売上アルバム賞「Miserere」
  • 1998年 最優秀アルバム賞ポップロック部門「Miserere」
  • 1998年 最優秀舞台作品賞歌手部門「Miserereツアー」
  • 1998年 最優秀アルバム賞人気投票部門 「Notre-Dame de Paris」
  • 1997年 最優秀男性歌手賞(一般投票)
  • 1994年 最優秀舞台作品・出演者賞「Starmania」
  • 1993年 最優秀舞台作品・出演者賞「La légende de Jimmy」

勝利の音楽大賞[編集]

  • 1998年 最優秀ポップ・アルバム賞「Notre-Dame de Paris」
  • 1994年 最優秀ミュージカル賞「Starmania」

ワールド・ミュージック・アワード[編集]

  • 2000年 世界最多売上フレンチレコーディング・アーティスト/グループ賞「NOTRE DAME DE PARIS」
  • 1999年 世界最多売上フレンチレコーディング・アーティスト/グループ賞「NOTRE DAME DE PARIS」

表彰歴[編集]

  • 2006年 Dracula - Entre l'amour et la mort (ゴールド・チケット、観客動員5万人)
  • 2003年 Concert de Noël (ゴールド/プラチナ)
  • 2001年 Sur scène (ゴールド・チケット)
  • 2001年 D'autres rivesツアー (ゴールド・チケット、観客動員5万人)
  • 2000年 D'autres rivesツアー (シルバー・チケット、観客動員2万5千人)
  • 1999年 D'autres rives (ゴールド)カナダ
  • 1999年 Miserereツアー (シルバー・チケット、観客動員2万5千人)
  • 1998年 Miserere (ダブル・プラチナ)カナダ
  • 1998年 Notre-Dame de Paris 

  (ゴールド/プラチナ/ダブル・プラチナ/トリプル・プラチナ/クワドループ・プラチナ)カナダ

  • 1998年 Notre-Dame de Paris (ダイアモンド・ディスク)フランス
  • 1998年 Le temps des Cathédrales (ゴールド)フランス
  • 1997年 Miserere (ゴールド/プラチナ)カナダ
  • 1994年 Starmania Mogador 94 (プラチナ)フランス

その他[編集]

  • 2009年 SOBA賞、最優秀ジャズアーティスト賞「Bruno Pelletier et le GrosZorchestre」
  • 2001年 Talent France Bleu 2000/2001(フランスのラジオネットワーク France Bleu より)
  • 1998年「Aime」がヒットチャート10週連続第一位
  • 1996年 Trophy SOCAN - 「En manque de toi」がヒットチャート第一位

ノミネート[編集]

  • 2008年 フェリックス賞 最優秀DVD賞「Dracula - Entre l'amour et la mort」
  • 2003年 フェリックス賞 最優秀男性歌手賞(一般投票)
  • 2003年 フェリックス賞 最優秀アルバム賞ポップロック部門「Un monde à l'envers」
  • 2003年 フェリックス賞 最優秀インターネットサイト賞「www.brunopelletier.com」
  • 2003年 フェリックス賞 最優秀舞台作品賞シンガーソングライター部門「Un monde à l'envers」
  • 2001年 フェリックス賞 最優秀男性歌手賞(一般投票)
  • 2001年 フェリックス賞 最優秀インターネットサイト賞「www.brunopelletier.com」
  • 2001年 フェリックス賞 最多売上アルバム賞「Sur scène」
  • 2001年 フェリックス賞 最優秀アルバム賞ポップロック部門「Sur scène」
  • 2000年 フェリックス賞 最多売上アルバム賞「D'autres rives」
  • 2000年 フェリックス賞 最優秀舞台作品賞歌手部門「D'autres rivesツアー」
  • 2000年 フェリックス賞 最優秀舞台作品賞歌手部門「La dernière de Céline」
  • 2000年 フェリックス賞 最優秀ケベック州外活動ケベック・アーティスト賞「Notre-Dame de Paris」
  • 1999年 ジェニー・メイヤー・ヴァリエテ賞 ブリュノ・ペルティエ、Plein Chant
  • 1998年 フェリックス賞 ビデオクリップ「Aime」
  • 1998年 フェリックス賞 最優秀男性歌手賞
  • 1998年 フェリックス賞 最優秀ポピュラー曲「Aime」
  • 1997年 ジュノー賞 最多売上フランス語アルバム賞「Miserere」
  • 1997年 ジュノー賞 最優秀男性歌手賞
  • 1996年 Félix賞 最優秀男性歌手賞
  • 1996年 Félix賞 最優秀アルバム賞ポップロック部門「Défaire l'amour」


ケベックがん基金[編集]

2012年より「ケベックがん基金 Fondation québécoise du cancer」のスポークスマンを務めている。


外部リンク[編集]