ノートルダム・ド・パリ (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノートルダム・ド・パリ
作曲 リシャール・コクシアント (リッカルド・コッチャンテ)
作詞 リュック・プラモンドン
脚本 リュック・プラモンドン
原作 ノートルダム・ド・パリ
上演 1998年 フランスの旗 フランス
1999年 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1999年 カナダの旗 カナダ
2000年 イギリスの旗 イギリス
2001年 フランスの旗 フランス
2001年 スペインの旗 スペイン
2001年 イタリアの旗 イタリア
2002年 ロシアの旗 ロシア
2008年 韓国の旗 韓国
2010年 ベルギーの旗 ベルギー
受賞 ギネス世界記録

ノートルダム・ド・パリ』(フランス語Notre-Dame de Paris)は、ヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』を基にしたリュック・プラモンドン(作詞)とリシャール・コクシアント (リッカルド・コッチャンテ)(作曲)によるフランス発のミュージカル。1998年9月16日、パリのパレ・デ・コングレ劇場にて初演。

作品概要[編集]

15世紀、パリのノートルダム大聖堂を舞台に、ジプシー娘のエスメラルダ、醜い鐘つき男のカジモド、司祭のフロロを中心とした愛と欲望の物語。

ミュージカル不毛の地とも言われたフランスで大ヒットを収め、数々の音楽賞を総なめにする。その勢いはフランスのみに留まらず、ベルギースイスケベックなどフランス語圏諸国を始め、アメリカ、イギリス、イタリア、スペイン、ロシア、韓国では現地の言語で翻訳されたバージョンが上演された。中国、韓国、台湾、シンガポールではフランス語版が上演され、韓国を中心とするアジア諸国でのフランス語ミュージカル・ブームの火付け役ともなった。

あらすじ[編集]

1482年、吟遊詩人のグランゴワールは彼が体験した物語を語りだす。 クロパンを頭とするジプシーたちはパリに到着し、しばしそこに住みつこうと考える。しかし、それはノートルダム大聖堂の司教フロロの好むものではなかった。教会の勢力を盾にしたフロロは若き近衛兵隊長のフェビュスを説得し、彼らを追い出させようとする。しかし、この浮浪者たちの中の若い娘エスメラルダにフェビュスが恋をすることはフロロにとって予想外だった。エスメラルダは美しく、クロパンに庇護されており、「奇跡の庭」の女王的存在。純粋な彼女はこの若き騎士に魅了されるが、その後他の2人の男からも思いを寄せられることになり、複雑な三角関係となる。

  • フェビュスは、良家の子女であるが病的な嫉妬心の持ち主フルール・ド・リスと結婚することになっている。
  • フロロはエスメラルダに恋をするが、司教であるという立場上、妻を持つことができない。
  • 鐘つき男のカジモドもまたエスメラルダに夢中になるが、自身は醜く、及び主人であるフロロへの忠誠心を持っている。

曲目リスト[編集]

2001年モガドール版CDの曲順。曲名は「フランス語原題/日本語訳」の順で表記。

第一幕

  1. Ouverture / 序曲
  2. Le temps des cathédrales / カテドラルの時代 (グランゴワール)
  3. Les sans-papiers / 浮浪者たち (クロパン)
  4. Intervention de Frollo / フロロの介入 (フロロ、フェビュス)
  5. Bohémienne / ボヘミアン (エスメラルダ)
  6. Esmeralda tu sais / なあエスメラルダ (クロパン)
  7. Ces diamants-là / このダイアモンド (フルール・ド・リス、フェビュス)
  8. La fête des fous / 道化の祭り (グランゴワール)
  9. Le Pape des Fous / 道化の法王 (カジモド)
  10. La sorcière / 魔女 (フロロ、カジモド)
  11. L'enfant trouvé / 捨て子 (カジモド)
  12. Les portes de Paris / パリの城門 (グランゴワール)
  13. Tentative d'enlèvement / 誘拐の企み (フェビュス、エスメラルダ)
  14. La Cour des miracles / 奇跡の庭 (クロパン、エスメラルダ)
  15. Le mot Phœbus / フェビュスという言葉 (エスメラルダ、グランゴワール)
  16. Beau comme le soleil / 太陽みたいに素敵 (エスメラルダ、フルール・ド・リス)
  17. Déchiré / 引き裂かれる (フェビュス)
  18. Anarkia / アナルキア (フロロ、グランゴワール)
  19. À boire! / 飲み物を! (フロロ、カジモド)
  20. Belle / 美しい人 (カジモド、フロロ、フェビュス)
  21. Ma maison, c'est ta maison / 僕の家は君の家 (カジモド、エスメラルダ)
  22. Ave Maria païen / 異教徒のアベ・マリア (エスメラルダ)
  23. Je sens ma vie qui bascule / 人生が崩れてゆく (フロロ)
  24. Tu vas me détruire / お前は私を破滅させる (フロロ)
  25. L'ombre / 影 (フェビュス、フロロ)
  26. Le Val d'Amour / 愛の谷 (グランゴワール、フェビュス)
  27. La volupté / 悦楽 (フェビュス、エスメラルダ)
  28. Fatalité / 運命 (グランゴワール)

第二幕

  1. Florence / フィレンツェ (フロロ、グランゴワール)
  2. Les cloches / 鐘 (グランゴワール、フロロ、カジモド)
  3. Où est-elle? / 彼女はどこだ? (フロロ、グランゴワール、クロパン)
  4. Les oiseaux qu'on met en cage / かごの中の鳥 (エスメラルダ、カジモド)
  5. Condamnés / 囚人たち (クロパン)
  6. Le procès / 裁判 (フロロ、エスメラルダ)
  7. La torture / 拷問 (フロロ、エスメラルダ)
  8. Être prêtre et aimer une femme / 司祭であること 女を愛すること (フロロ)
  9. Phœbus / フェビュス (エスメラルダ)
  10. Je reviens vers toi / 君のもとに戻るよ (フェビュス)
  11. La monture / 馬 (フルール・ド・リス)
  12. Visite de Frollo à Esmeralda / エスメラルダの元へフロロの訪問 (フロロ、エスメラルダ)
  13. Un matin tu dansais / ある朝 お前が踊っていた (フロロ、エスメラルダ)
  14. Libérés / 解放 (カジモド、クロパン、エスメラルダ、グランゴワール)
  15. Lune / 月 (グランゴワール)
  16. Je te laisse un sifflet / 笛を置いていくよ (カジモド、エスメラルダ)
  17. Dieu que le monde est injuste / この世はなんて不公平 (カジモド)
  18. Vivre / 生きる (エスメラルダ)
  19. L'attaque de Notre-Dame / ノートルダム襲撃 (クロパン、フロロ、フェビュス、エスメラルダ、グランゴワール)
  20. Déportés / 追放 (フェビュス)
  21. Mon maître, mon sauveur / 僕の主人 僕の恩人 (カジモド、フロロ)
  22. Donnez-la moi / 彼女を渡して (カジモド)
  23. Danse mon Esmeralda / 踊って 僕のエスメラルダ (カジモド)

ロンドン公演以降、第二幕の8曲目から11曲目までの曲順が変更された。以下が変更前の曲順(1998年全曲版CD、ライブ版DVDに収録されたもの)。この変更により、歌詞は変わらないもののこの部分のストーリーの流れが変わったといえる。

「Phœbus」→「Être prêtre et aimer une femme」→「La monture」→「Je reviens vers toi」

配役[編集]

フランス初演オリジナル・キャスト 1998年[編集]

パレ・デ・コングレ劇場(パリ)にて (カッコ内はセカンド・キャスト)

  • エスメラルダ: エレーヌ・セガラ (ナディア・ベル)
  • カジモド: ガルー (ジェローム・コレ)
  • フロロ: ダニエル・ラヴォワ (ジェローム・コレ)
  • グランゴワール: ブリュノ・ペルティエ (ダミアン・サルグ)
  • フェビュス: パトリック・フィオリ (ダミアン・サルグ)
  • クロパン: ラック・メルヴィル (ロディ・ジュリエンヌ)
  • フルール・ド・リス: ジュリー・ゼナッティ (ナディア・ベル)

フランス公演 1999年-2001年[編集]

  • エスメラルダ: エレーヌ・セガラ ジュリー・ゼナッティ ナディア・ベル フランス・ダムール コリンヌ・ザルズール
  • カジモド: ガルー マット・ローラン ジェローム・コレ マリオ・ペルシャ
  • フロロ: ダニエル・ラヴォワ エルベール・レオナール、ジェローム・コレ
  • グランゴワール: ブリュノ・ペルティエ シルヴァン・コセット ルノー・アントソン ミッシェル・セローニ ジャン・ラヴェル
  • フェビュス: リシャール・シャレ ジャン・ラヴェル
  • クロパン: ラック・メルヴィル ロディ・ジュリエンヌ
  • フルール・ド・リス: ヴェロニカ・アンティコ ナディア・ベル

アメリカ公演 1999年-2000年[編集]

  • エスメラルダ: ジャニアン・マッセ、ジェシカ・グローヴェ
  • カジモド: ダグ・ストーム、ポール・ブリッソン
  • フロロ: フランシス・ルイヴィヴァール、エリック・T・ハート
  • グランゴワール: ディーヴン・メイ、ジャン・フランソワ・ブロー
  • フェビュス: マーク・W・スミス、トーニィ・トレス
  • クロパン: デイヴィッド・ジェニングス、マルズ
  • フルール・ド・リス: ジェシカ・グローヴェ、アンヌ・メソン

ケベック公演 2000年[編集]

  • エスメラルダ: フランス・ダムール
  • カジモド: マリオ・ペルシャ
  • フロロ: ロベール・マリアン
  • グランゴワール: シルヴァン・コセット
  • フェビュス: ピエール・ベルナール・コンウェイ
  • クロパン: シャール・ビドル
  • フルール・ド・リス: ナターシャ・サン・ピエル

ロンドン公演 オリジナルキャスト 2000年[編集]

  • エスメラルダ:ティナ・アリーナ
  • カジモド:ガルー
  • フロロ: ダニエル・ラヴォワ
  • グランゴワール: ブリュノ・ペルティエ
  • フェビュス: スティーヴ・バルサモ
  • クロパン: ラック・メルヴィル
  • フルール・ド・リス: ナターシャ・サン・ピエール

ロンドン版CDにはセリーヌ・ディオンも参加。

ロンドン公演 2000年-2001年[編集]

ロンドンのドミニオン劇場にて

  • エスメラルダ: ティナ・アリーナ ハゼル・フェルナンデス カミラ・バード パティ・ラッソ ダニー・ミノーグ ミッチェル・コノリー
  • カジモド: ガルー イアン・ピリー マイク・ディアー マイク・スコット マーク・オマリー サミュエル・ゴーフ
  • フロロ:ダニエル・ラヴォワ フレッド・ジョンソン ニコラス・パウンド マーク・オマリー マイク・ディアー マイク・スコット 
  • グランゴワール: ブリュノ・ペルティエ シルヴァン・コセット アレックス・ジェームズ マーク・パルトリッジ スコット・C・シスコンデヴィッド・シャノン スティーヴン・ジャドキンス マーク・パウエル
  • フェビュス:スティーヴ・バルサモ ディーン・コリンソン スコット・C・シスコン マーク・スミス マーク・パウエル スティーヴン・ジャドキンス
  • クロパン:ラック・メルヴィル カール・アブラハム・エリス ヒュー・メナード ジョニー・アモビ アンドリュー・プレイフット ローハン・レコールド スティーヴン・ジャドキンス
  • フルール・ド・リス:ナターシャ・サン・ピエール ケイト・ピネル ショアンナ・メイ カミラ・バード ミッチェル・コノリー

フランス公演 2001年 モガドール劇場[編集]

  • エスメラルダ: シレル ナディア・ベル アンヌ・メソン
  • カジモド: アドリアン・ドヴィル ジェローム・コレ
  • フロロ: ミシェル・パスカル ジェローム・コレ
  • グランゴワール: シリル・ニコライ ローラン・バン
  • フェビュス: リシャール・シャレ ローラン・バン
  • クロパン: ロディ・ジュリエンヌ エディ・ソロマン
  • フルール・ド・リス: ヴェロニカ・アンティコ クレール・カペレッティ アンヌ・メソン

2002年中国ツアー公演あり

イタリア公演 2002年[編集]

  • エスメラルダ: Lola Ponce
  • カジモド: Giò Di Tonno
  • フロロ: Vittorio Matteucci
  • グランゴワール: Matteo Setti
  • フェビュス: Graziano Galatone
  • クロパン: Marco Guerzoni
  • フルール・ド・リス: Claudia D'Ottavi

ヴェローナで撮影・録音されたイタリア語版CDとDVDが発売されている。

ロシア公演 2002年[編集]

  • エスメラルダ: Svetlana Svetikova、Teona Dolnikova
  • カジモド: Viacheslav Petkun、Timur Vedernikov、Valery Yaremenko
  • フロロ: Alexander Marakulin、Igor Balalaev、Alexander Golubev
  • グランゴワール: Alexander Postolenko、Vladimir Dybsky
  • フェビュス: Anton Makarsky、Edward Shul'zhevsky、Maxime Novikov、Alexeï Sekirin
  • クロパン: Sergey Li、Viktor Burko、Viktor Esin
  • フルール・ド・リス: Anastasia Stotskaia、Ekaterina Maslovskaja、Julia Liseeva

スペイン公演 2002年[編集]

  • エスメラルダ: Tahis Ciurana
  • カジモド: Albert Martinez
  • フロロ: Enrique Sequero
  • グランゴワール: Daniel Angles
  • フェビュス: Lisardo Guarinos
  • クロパン: Paco Arrojo
  • フルール・ド・リス: Elvira Prado

スペイン語版のスタジオ版CD及び全曲版ライブCDが発売されている。

カナダ公演 2005年[編集]

2006年7月6日、モントリオールのサントル・ベル劇場内のブロードウェイ劇場のこけら落としとして上演される。

  • エスメラルダ: メラニー・ルノー
  • カジモド: ジノ・キリコ
  • フロロ: ロベール・マリアン
  • グランゴワール: ジャン・フランソワ・ブロー
  • フェビュス: リシャール・シャレ
  • クロパン: ロディ・ジュリエンヌ
  • フルール・ド・リス: ブリジット・マルシャン

アジア・ツアー 2005年[編集]

ソウル、台北にて上演。

  • エスメラルダ: ナディア・ベル
  • カジモド: マット・ローラン
  • フロロ: ミシェル・パスカル
  • グランゴワール: シリル・ニコライ
  • フェビュス: ローラン・バン
  • クロパン: ロディ・ジュリエンヌ
  • フルール・ド・リス: シアラ・ディ・バリ

アジア・ツアー 2006年[編集]

ソウル 台北 シンガポール にて上演。

  • エスメラルダ: ナディア・ベル シアラ・ディ・バリ
  • カジモド: マット・ローラン ジェローム・コレ
  • フロロ: ミシェル・パスカル ジェローム・コレ
  • グランゴワール: リシャール・シャレ シリル・ニコライ ミッシェル・セローニ(シンガポールのみ)
  • フェビュス: ローラン・バン シリル・ニコライ
  • クロパン: ロディ・ジュリエンヌ ガディ・フュリィ
  • フルール・ド・リス: シアラ・ディ・バリ マリー・クリストフ

ソウル・ライブ版CDが販売されている。

フランス公演 2005年12月[編集]

アジア・ツアー後2005年12月2日から31日まで、初演版会場であるパリのパレ・デ・コングレ劇場にて30回の公演が行われる。

  • エスメラルダ: メラニー・ルノー 
  • カジモド: ジェローム・コレ 
  • フロロ: ロベール・マリアン 
  • グランゴワール: リシャール・シャレ シリル・ニコライ
  • フェビュス: ローラン・バン シリル・ニコライ
  • クロパン: ロディ・ジュリエンヌ 
  • フルール・ド・リス:マリルー・ブルドン

コンサート・バージョン 2010年 [編集]

2010年12月、ウクライナ(キエフ)、ロシア(モスクワ、サンクトペテルブルク)にて

  • エスメラルダ:エレーヌ・セガラ
  • カジモド: ガルー 
  • フロロ: ダニエル・ラヴォワ
  • グランゴワール: ブリュノ・ペルティエ
  • フェビュス: パトリック・フィオリ
  • クロパン: ラック・メルヴィル 
  • フルール・ド・リス: ジュリー・ゼナッティ 

オマージュ・コンサート 2011年 [編集]

2011年12月、ウクライナ(キエフ)、フランス(パリ)にて公演予定

  • エスメラルダ:エレーヌ・セガラ
  • カジモド: ガルー 
  • フロロ: ダニエル・ラヴォワ
  • グランゴワール: ブリュノ・ペルティエ
  • フェビュス: パトリック・フィオリ
  • クロパン: ラック・メルヴィル 
  • フルール・ド・リス: ジュリー・ゼナッティ 

日本公演 2013年[編集]

2013年2月~4月、東京・大阪・名古屋にて公演予定

  • エスメラルダ: アレサンドラ・フェラーリ 
  • カジモド: マット・ローラン
  • フロロ: ロバート・マリアン 
  • グランゴワール: リシャール・シャーレ
  • フェビュス: イヴァン・ペドノー
  • クロパン: イアン・カーライル 
  • フルール・ド・リス:エリシア・マッケンジー

※出演者は変更になる場合あり。

備考[編集]

「ノートルダム・ド・パリ」はフランスにおいてミュージカルを流行させることに一役買った。「ノートルダム」後、数々の舞台作品がプロモーションを行うことができたのもそのおかげである。ミュージカルのこの成功は、一つには恋の筋立てを基本としたストーリー展開にあるが、もう一方で、初演の前年から作品の一部をラジオやテレビメディアを通じて流すという手法にある。このプロモーション方式はイギリス公演においても採用され、舞台で演じることはなかったセリーヌ・ディオンが「Vivre」を歌っている。

シングルCDとして発売されたのは次の3曲:

  • 「Vivre 生きる」:ビデオクリップにはノートルダム大聖堂が登場するが、CGである。
  • 「Le temps des cathédrales カテドラルの時代」:本作品の最初の曲。
  • 「Belle 美しい人」: ガルー、ダニエル・ラヴォワ、パトリック・フィオリの3人によって歌われている。

オリジナル・キャストはフランス人歌手とケベックの歌手で構成されていた。パトリック・フィオリ、ガルー、エレーヌ・セガラ、ジュリー・ゼナッティなど出演者の中には、このミュージカルの成功によりフランスでのソロ活動ができるようになった者もいる。

逸話[編集]

  • 「Belle 美しい人」の曲は何度もテレビなどに登場したため、いくつかのパロディがある。Laurent Gerraのバージョンはストーリーの性的な側面を露骨に述べており、「Chanson Plus Bifluorée」もまたおもしろい内容となっている。
  • 「la Cour des miracles 奇跡の庭」のシーンにおいて、フランス共和国保安機動隊を想起させる制服を着た衛兵や柵を登場させる演出や歌詞により、作者たちはフランスにおけるサン・パピエ(不法入国者、身分証明書のない人)の 問題をあぶりだしている。

外部リンク[編集]