フォーチュン・クッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォーチュンクッキー
フォーチュンクッキーを開けたところ

フォーチュン・クッキーまたはおみくじクッキー (fortune cookie) とは、その中に運勢が表記されている紙片(おみくじ)が入っている菓子である。アメリカ合衆国カナダ中華料理店において食後に提供されることが多い。中国本土では見られなかった習慣であることから、日本江戸時代の菓子が移民によってアメリカに持ち込まれたとする説が有力だが、第二次大戦時の強制収容によって日系移民の店が姿を消したことから、中国人経営の店で引き継がれ、アメリカ全土に広まったため、アメリカ文化のひとつと言える[1]

歴史[編集]

二つ折りにして中に短い言葉を表記した紙を入れた形状は、日本北陸地方などにおいて新年の祝いに神社で配られていた辻占煎餅に由来するもので、神奈川大学日本常民文化研究所の研究によると、1910年から1914年の間に[2]サンフランシスコゴールデン・ゲート・パーク内にある日本庭園ジャパニーズ・ティー・ガーデン)を設計・運営した庭師萩原真英語版によって持ち出されアメリカに普及させられたとされている[1]

ジャパニーズ・ティー・ガーデンは、1894年に開催された国際見本市のアトラクションとして建設され、その後恒久の庭園となった。庭園やその敷地内の茶屋を運営していた萩原は、訪れた客にお茶請けとしてこの煎餅(英語ではJapanese cookieという)を提供した[1]。萩原は鋳物の型を使って生地を手焼きし、自分たちで英語の占いを書いた紙片を入れていた[2]。萩原とその家族は特に金儲けのことは考えていなかったので、このフォーチュン・クッキーに関する一切の特許を取っていなかった。1915年、サンフランシスコで開かれたパナマ万国博覧会に出品され一般に知られた[3]。萩原は、1918年に菓子屋の「Benkyodo」に製造を任せ、第二次世界大戦勃発まで同店がジャパニーズ・ティー・ガーデンでのフォーチュン・クッキーの提供に当たった[2]。キャサリン・ダテという日系女性の証言によると、1920年ごろ、彼女が中華料理店で日本のフォーチュン・クッキーを開けて友人と談笑していると中国人にそれは何かと尋ねられて答えたところ、その数週間後、その中国人がリトルトーキョーの菓子店「Shungetsudo」でフォーチュン・クッキーを買い占めたことを知り、その後、中華料理店で食後にフォーチュン・クッキーを出しているのに気が付いたという[2]1924年にロサンゼルスで創業した煎餅屋「Umeya」ではフォーチュンクッキーの大量生産を始め、戦前まで市内120~150軒の日系の飲食店に卸していた[4]。こうした娯楽的な占い付きの菓子は、日本では江戸時代から酒席や宴会によく出されるつまみのひとつだった。

第二次世界大戦後、いくつかの中華料理店がこの煎餅を取り入れ、フォーチュン・クッキーが一般的なものとなった[1]。フィッツアーマン・ブルーの研究によると、アメリカ全域で行われるフォーチュンクッキーサービスは、第二次世界大戦直後のチャプスイレストランから始まったとされるが、戦前には日系移民によるチャプスイ店も多く、上述のUmeyaなどが占い付き菓子を納品していた(チャプスイとは、肉と野菜を炒めてとろみをつけたアメリカ風中華料理で、当時人気だった)[5]。第二次大戦の日系人強制収容によりこうした日系チャプスイ店は閉鎖されたが、フォーチュンクッキーのサービスはその他のチャプスイ店で残り[1]、戦時中にサンフランシスコに駐屯した兵士たちが帰郷後、それぞれ地元の中華料理店に伝え広まったと言われている[5]

2010年代現在では多くの飲食店で、食事後の口直しとしてフォーチュン・クッキーが出されるようになった。フォーチュン・クッキーには、運勢だけでなくラッキーナンバー(宝くじの番号として使われることもある)や、翻訳された中国の文章、ことわざなどが表記されている[要出典]

フォーチュン・クッキーをめぐる文化[編集]

元々は日本の文化を取り入れたフォーチュン・クッキーであったが、上記のような経緯から、中国の習慣であると誤認しているアメリカ人も少なくない。ただし、中国ではフォーチュン・クッキー自体知られていない。

アメリカ映画アイアンマン3』(2013年)には登場人物のマンダリン(ベン・キングズレー)が「知ってるか。フォーチュン・クッキーは中国のものじゃない。日本のレシピでアメリカ人が作った」と語るシーンがある。

いくつかのウェブページでは、フォーチュン・クッキーのような短い言葉を提供するものがある。UNIXのプログラムであるfortuneは、フォーチュン・クッキーのような文章を表示するものである。また、電子メールの署名に、さまざまな引用や雑学、冗談、格言等の「フォーチュン・クッキー」をランダムに追加するソフトウェアもある[要出典]

このほか、いくつかのフォーチュン・クッキー・データベースが自由に利用できるような形で配布されている。

メッセージを含んだクッキーと言うことから、サービス提供側から受け取り、受け取った側で意味を解釈せずそのままサービス提供者に渡すトークンマジッククッキー(en:Magic cookie)と呼ぶ。一例がHTTP cookieである。

ビリー・ワイルダー監督のアメリカ映画『恋人よ帰れ!わが胸に』(1966年ジャック・レモンウォルター・マッソー主演)の原題はThe Fortune Cookieである。また、2003年のアメリカ映画『フォーチュン・クッキー』の原題はFreaky Fridayであるが、フォーチュン・クッキーが重要な小道具として登場する。

日本マクドナルドでは、1980年代半ばの年末年始に限定商品「ハウワンペイ」という名称で、これを発売したことがある。東京ディズニーランドのお土産にもあるので、アメリカのお菓子だと思っている日本人も多い。

日本では2008年9月にケーアンドビーより9個入りのパッケージで一般販売されている。

2013年にはAKB48が「恋するフォーチュンクッキー」を歌ってヒットした。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Solving a Riddle Wrapped in a Mystery Inside a Cookie The New York Times, January 16, 2008
  2. ^ a b c d Japanese American Fortune Cookie: A Taste of Fame or Fortune - Part 1 Gary T. Ono、Discover Nikkei, 31 Oct 2007
  3. ^ Japanese American Fortune Cookie: A Taste of Fame or Fortune - Part 2 Gary T. Ono、Discover Nikkei, 1 Nov 2007
  4. ^ History/The Fortune CookieUmeya公式サイト
  5. ^ a b 日系チャプスイレストランとフォーチュンクッキー 中町泰子、ディスカバー・ニッケイ、2012年10月