ピアッジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピアジオから転送)
移動: 案内検索

ピアッジオPiaggio & C. S.p.A., ピアジオピアッジョとも)は、イタリアポンテデーラに所在するオートバイおよび自動車のメーカーである。オートバイブランドを7つ保有しており、オートバイ産業ではヨーロッパで最大手、世界第4位のメーカーである。

社史[編集]

1884年、創業者リナールド・ピアッジオにより船舶用パーツメーカーとして設立された。鉄道車両から航空機など事業を拡大し、戦時には航空機やそのエンジンを多数製造した。戦後の1946年スクーターの代名詞とも言えるベスパの生産を開始した。現在もベスパブランドを生産し、その他ピアッジオブランドのスクーターやモペットマイクロカーを生産している。

1964年フィアットのオーナーであるアニェッリ家へ買収され、ピアッジオはフィアットの傘下へ入った。同年、ピアッジオはオートバイ部門と航空部門を分社化され、航空部門はIAM リナルド・ピアジオとして独立した。その後、IAM リナルド・ピアジオはフェラーリピエロ・ラルディ・フェラーリに買収され、ピアジオ・エアロ(Piaggio Aero)としてイタリア資本へと戻った。 引き続きオートバイの製造を行っていたピアッジオは1969年ジレラを買収した。

1992年から2002年までダイハツ工業と提携し、軽貨物車ハイゼットをピアッジオ・ポーターの名称でライセンス生産した。

1999年中国で合弁事業をはじめたが、失敗した。イタリアでも1500万ユーロ(1940万ドル)を投資して新型のオートバイを開発を開始したが、プロトタイプの製造後、中止された。2002年には1億2900万ユーロの損失を出したことにより、巨額の債務を抱えた。しかし、敵対的買収でテレコム・イタリアを傘下に収め、不動産会社IMMSIを通して経営権の獲得に乗り出したロベルト・コラニーノ2003年に会長に就任した。コラニーノはリストラを行わないまま、あらゆるスクーターを製造できるよう日本式に倣った工場の組立てラインへと一新し、利益率と顧客満足度の基準に基づいたボーナス支給など同社の改革を実施した[1]2006年にミラノ証券取引所へ再び上場した。

三輪車[編集]

インドでは、ベスパ・カーを起源とする三輪自動車の生産を続けており、有力メーカーの一つとなっている[2]

日本での販売[編集]

2012年10月10日現在、日本においては系列ブランドごとに輸入元が異なっている。デルビ、ジレラブランドオートバイの輸入元は株式会社成川商会であり、ベスパ、ピアッジオ、およびアプリリア、モトグッチの輸入元は、ピアッジオグループジャパンとなっている。

ブランド[編集]

製品一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Meichtry, Stacy. "伊ピアジオ、主力「ベスパ」で中国、インドに進出"。ウォール・ストリート・ジャーナル日本版。2010年7月26日。 2010-11-25 閲覧。
  2. ^ ピアジオ、新型3輪スクーター「Ape CNG」をインドで販売(AFP.BB.News.2007年09月27日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]