ジレラ・ランナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランナー (Runner ) はジレラが生産しているスクータータイプのオートバイの名称である。排気量は50、125、180、200の4車種である。車体デザインはマラベーゼデザインが担当している。

ランナー50・ランナー50DD・ランナー50SP・ランナープレジェット50・ランナーシモンセリ50SP[編集]

1997年にヨーロッパで50ccが発売されたが、当時の法律で最高速度が28mph(45km/h)に制限されていた。1998年に50ccモデルを一新し、後輪ディスクブレーキを採用した50DDが発売された。カラースキームを変更した50SPも発売された。2003年には低排出ガスを備えたプレジェット50も発売された。50ccで現在、2ストロークは50SPとシモンセリ50SPのみである。

ランナー125FX・ランナー125SP[編集]

1998年には50ccと同じ形をした125FXが発売された。1999年にはSPモデルとしても発売された。FX(FXR)とSPの大きな違いとしてFXはスパークプラグと後輪ディスクドラムブレーキの近くに9リットルガソリンタンクとバッテリーを収納できることである。SPは12リットルガソリンタンクとバッテリーを後輪ディスクブレーキの下に収納できる。

FXR180[編集]

1999年にFXR180は200cc4ストロークの新型を含むランナーの中では最高速度の85mph(137km/h)を記録している。高いパフォーマンスとすぐれた運転性能が評価されたが、燃費消費量が悪い。

ランナーST125・ランナーST200[編集]