ヒメカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメカモメ
ヒメカモメ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: ヒメカモメ L. minutus
学名
Larus minutus
Pallas, 1776
和名
ヒメカモメ
英名
Little Gull

ヒメカモメ(姫鴎、学名:Larus minutus)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

スカンジナビア半島東部、ロシア東部と中部、バイカル湖東側からシベリア西部の地域と、アメリカの五大湖周辺で繁殖し、冬季はヨーロッパ、地中海沿岸、カスピ海沿岸、中国東部、アメリカ東海岸等に渡り越冬する。

日本では、迷鳥として北海道東京都千葉県長野県広島県沖縄県等で記録がある。ほとんどが夏の記録である。

形態[編集]

全長約26cm。カモメ類では最小の種である。成鳥は背や翼上面は淡青灰色で風切の先端は白い。翼の下面は全体に暗い灰色である。

保全状態評価[編集]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
上から、ヒメカモメ、ニシズグロカモメユリカモメ

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目[編集]