パトライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パトライト

  1. 主にパトカー救急車消防車などの緊急車両に装備され、また救急対応可能な病院の専用入り口に設置されている回転灯などに利用されるパトライト社の登録商標。機材自体は“パトランプ”と呼ばれる(同社では「警光灯」と呼称)。赤・青・黄・緑・紫がある。またそれ以外にもパチスロ機のボーナス告知、コンビニエンスストアの緊急事態などの告知、あるいは工場内の設備などにタワー状にパトランプ複数個を一体にしたもの(シグナルタワー)で設備の稼働状況(例えば、緑黄赤3灯式で、緑灯なら正常稼働、黄灯なら材料待ち、赤灯なら故障など)など、ある事態を告知するためのランプとして広く使われている。なお愛知・岐阜など東海地方の飲食店を中心に店先の看板にお客の目をひくためにパトライトをつけている店も数多く存在する。英語ではRotary Beacon Light。日本では緊急車両の緊急走行時サイレンの吹鳴とともに目にする機会が多いことからサイレンと混同されることがある。外国ではウィレン、シグナル、フェデラルシグナル、コード3、ガルズの各社が有名。
  2. 1.を製造する日本の企業。以下で述べる。



株式会社パトライト
PATLITE Corporation
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6825 2005年3月1日 - 2008年3月21日
大証1部(廃止) 6825 2005年3月1日 - 2008年3月21日
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:542-0067
大阪府大阪市中央区松屋町8番8号
設立 1963年1月10日
業種 電気機器
代表者 代表取締役社長 山本 節次郎
資本金 10億円
売上高 連結83億78百万円
(2011年3月期)
純資産 連結46億19百万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結161億86百万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結664名、単独364名
(2007年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 因幡電機産業株式会社 100%
関係する人物 佐々木寛一(創業者)
外部リンク www.patlite.co.jp
特記事項:株式会社福寅を存続会社として吸収合併されたため登記上の設立は1985年2月25日
テンプレートを表示
パトライト東京支社

株式会社パトライトは、回転灯などを製造している大阪市中央区に本社を置く会社である。英文名称はPATLITE Corporation(PATLIGHTではない)。因幡電機産業株式会社の完全子会社。ライバル会社にアロー株式会社、アークラインがある。

沿革[編集]


主な製品[編集]

パトカーの回転灯(エアロブーメランAWS型)
  • パトカー、救急車、非常停止表示、病院入り口表示などの回転灯(同社では「警光灯」と呼称)
    (近年のシェアは、ほぼ100%。他のメーカーとしては、消防車を中心に使用される「大阪サイレン」、旧型や民間の車両では「小糸製作所」製、前方集中型点滅灯には「スタンレー電気」、店舗の宣伝用には直流12・24ボルトではなく商用電源で作動する「東京メタル工業」の物も使用される また最近、消防車両にウィレン社やフェデラルシグナル社のストロボ式警告灯、モーターサイレンに「東京サイレン」の物を導入する消防本部が見られる)
  • 電子サイレンアンプ
  • 工場用シグナルタワー(アメリカ・シリコンバレーの半導体工場で使われている製品のシェアは、約70%)
  • 工事現場、道路の液晶表示板
  • マイクロモーター
  • ネットワーク監視表示灯

など他

関連項目[編集]

外部リンク[編集]