バージェン航空301便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バージェン航空301便
Birgenair tcgen.jpg
1995年に撮影された事故機(TC-GEN)
この翌年、当機は墜落に至る
概要
日付 1996年2月6日
原因 ピトー管の閉塞による対気速度計異常
場所 大西洋
死者 189
負傷者 0
航空機
機体 ボーイング757-255
運用者 Flag of Turkey.svgバージェン航空
機体記号 TC-GEN
乗客数 176
乗員数 13
生存者 0
テンプレートを表示

バージェン航空301便墜落事故(バージェンこうくう301びんついらくじこ)とは、1996年2月6日に起きた航空事故のことである。ボーイング757型機で最初の事故であり、同機の事故では最悪の死者数である。

機体はバージェン航空所有だが、実際に運航したのはアラス・ナショナル航空だったため、アラス・ナショナル航空301便墜落事故とも呼ばれる。


事故当日の301便[編集]

墜落まで[編集]

1996年2月6日、301便の前便のドミニカ共和国プエルト・プラタからドイツフランクフルトに向かう機体が故障したため、トルコ航空会社バージェン航空ボーイング757型機(機体番号TC-GEN)が代わりに乗員13人・乗客176人の計189人を乗せてグレゴリオルペロン国際空港からフランクフルトに向かって4時間遅れで離陸しようとした(フライト予定時間は9時間)。

小雨の降る中滑走路を離陸滑走中、奇妙なことが起きた。副操縦士の速度計は、80ノットに達していたが機長の速度計は、僅か30ノットを示していた。機長は異常を認識したが、副操縦士に速度を読み上げてもらい、離陸を続行し23時42分に離陸した。離陸後は、機長の速度計も動き始めたがまだ値は一致していなかった。

しかし、機長は空港に戻ろうとはせず、離陸後約1分30秒後にオートパイロットを作動させた。オートパイロット作動直後、オーバースピードの警報が作動。機長は副操縦士に減速を指示したが、そのとき速度計は通常の値である220ノットを示していた。

この異常事態を知らない管制官は、301便に上昇を指示した。

その時に至っても、副操縦士側の速度計は200ノットを示していたが、機長側の速度計は320ノットを示しており、全く一致していなかった。

しばらくすると警報は停止したが、また警報が作動し757型機がこの高度で飛べる限界速度である350ノットに近づいていると報告した。

機長はシステムをリセットし警報を止めたが、とうとう速度計は352ノットになり、危険だと判断した機長は、機体の速度を落とそうとスロットルを絞った。

その瞬間301便の機首が危険なほど上がり、失速状態に陥りスティックシェイカーが作動した。失速した機体は大きく右に傾き落下し始めた。そして今度は、機首がまた上がりほとんどコントロール不能に陥った。エンジン推力を上げても機首が上がりすぎているため、エンジンが空気を吸う事ができず左エンジンが停止、反応しなくなり、そのため左に危険なほど傾き左主翼を軸に回転し海に向かって自由落下した。

301便は海面にほぼ垂直に激突し一瞬にして大破。乗員乗客189人全員が死亡。

事故原因[編集]

パイロットのミスにより墜落につながった可能性が高いとされている。対気速度計の異常は機長側のみであり、機長が対気速度計の異常に気づいたにもかかわらず離陸を続行したこと、両方の速度計が壊れていると思い込んだこと、さらには副操縦士もベテランの機長に遠慮し操縦桿を手に取ろうとしなかった事が挙げられている。

そのうえオートパイロットは機長側の速度計のデータを参照していたため、速度が速すぎると判断し限界近くまでトリムアップしていた。そのため操縦桿を引いていなくとも機首が跳ね上がった状態になっていた。また、速度超過警報が鳴ったのでスロットルを絞ったにもかかわらず失速したため、機長は殆どパニック状態になっており、ずっと操縦桿を引き続けていた。CVRには墜落直前、「何がどうなってる!!」という機長の断末魔が残っていた。

対気速度計の異常については、速度を計測するピトー管が何らかの原因で塞がれていたためと結論付けられた。機体は海上で墜落したため、ピトー管の探索は難航し結局発見できず、その原因は分かっていない。しかし、当時事故機は25日間も飛行せずに駐機されており、長期間駐機する場合取り付けるはずのピトー管カバーを整備士が付け忘れていた。そのため何らかの生物(特に現地に生息しているの一種であるドロバチ)がピトー管内部に巣を作り詰まらせてしまったのではないかと見られている。

この種の事故は非常に危険で、同年の10月に起きたアエロペルー603便墜落事故では、やはり同様にピトー管の異常により盲目飛行に陥ったボーイング757が30分間不安定な飛行を続けた後、リマ空港近辺の海上に墜落している。

作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]