XLドイツ航空888T便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XLドイツ航空 888T便
2008年6月1日・シュトゥットガルト空港にて撮影された事故機(D-AXLA)
出来事の概要
日付 2008年11月27日
概要 メンテナンスエラーによるAoA(迎角)センサーの凍結
現場 フランスの旗 フランス地中海カネ=タン=ルシヨン沿岸
乗客数 5
乗員数 2
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 7(全員)
生存者数 0
機種 エアバスA320-232
運用者 Flag of Germany.svgXL航空 (ドイツ)

XLドイツ航空888T便墜落事故(XLドイツこうくう888Tびんついらくじこ)とは、テスト飛行を行っていたXL航空 (ドイツ)(以下XLドイツ航空)のエアバスA320-232が、フランスカネ=タン=ルシヨン沿岸の地中海に墜落した航空事故である。

概要[編集]

2008年11月27日、XLドイツ航空の888T便(以下888便)は、リース期間満了によりオーナーであるニュージーランド航空への返却前に、機体の検査のためのテスト飛行をすることになっておりニュージーランド航空の塗装に塗り替えられたエアバスA320-232(機体記号D-AXLA)で運行されていた。このテスト飛行は、ランディングギアの格納までの時間や、飛行制御コンピューター、及び速度超過警報や失速防止装置などが正常に働くかをテストするものだった。機体には2人のドイツ人(XLドイツ航空のパイロット)と、5人のニュージーランド人(パイロット1人、エンジニア3人とニュージーランド民間航空局1人)が乗っていた。

888便は一通りテストを終えた後、出発地点のペルピニャン・リヴザルト空港に引き返すため、巡航高度32,000フィートから降下を始め、3,000フィート付近で水平飛行に移り失速防止機能の試験のため高度を維持したまま次第に速度を落としていった。失速防止機能では、失速状態となる前に機体の迎え角や速度などによりこれを検知して自動的に速度を上げる機能が動作するはずであったが、この機能は働かず、突然失速状態に陥った。機長はエンジン推力を最大にし、操縦桿(スティック)を限界まで前に押したが機首は下がらなかった。失速警報は4回鳴った。機体は完全な失速状態に陥った後、左に傾き錐もみ状態で急降下をはじめ、UTC15時46分00秒に失速警報は鳴りやんだが、高度は340フィートしかなく、機首も14度下がっており、速度263ノット(約487km/h)で海面に激突した。[1]

原因調査[編集]

2008年11月30日に、タイバーがブラックボックスを回収したが、コックピットボイスレコーダー(CVR)は損傷していた。 12月下旬、フランスの研究者は両方のブラックボックスからデータを読み取ろうとしたが、データが読み取れなかった。そのためメーカーの施設で解析することになった。 調査にはフランス事故調査委員会(BEA)を中心に、ドイツの連邦航空機事故調査局(BFU)、ニュージーランド交通事故調査委員会(TAIC)、アメリカ国家運輸安全委員会(NTSB)及びエアバスやXLドイツ航空の技術者で構成されていた。[2][3]

データが解析された後、パイロットは4,000フィートで失速防止装置が正常に働くかのテストを行っていたことが判明した。エンジン推力をアイドルにし、フラップを4まで展開し失速防止装置が作動するかどうかを試していた。通常、エアバス機ではAir data inertial reference unit英語版(ADIRU)と呼ばれる装置によって失速が検知されると、水平安定板が機首下げ方向に動き、エンジン推力が上がって失速を防ぐようになっている。しかし、このときは本来作動するはずの失速防止装置が作動せず、機首はみるみる上がっていった。

その後、塗装後の機体洗浄時にAOA(Angle of Attack, 迎え角。機首上げ角度)センサーにカバーを付けずに洗浄していたことが判明した。このときAOAセンサー内部に水が入り込み、巡航高度で凍結した。失速速度近くになるとAOAセンサーからの迎え角に応じて水平安定板が機首下げ方向に動き機首が下がる。しかしセンサーが凍結するとADIRUに機体の迎え角情報が伝達されず、失速防止装置が働かなかった。機長は操縦桿を機首下げ方向に操作したが、水平安定板は機首上げ方向になっていたため失速から回復できなかった。

2010年9月、BEAによって最終報告書が公表された。事故原因はAOAセンサーが凍結していたことと、パイロットエラーと結論付けた。パイロットはセンサーが凍結していたことを知らなかったが、適切な速度を下回っても回復操作を行わなかったことが失速に陥った原因とされた。また、5つの安全勧告がなされた[4]


参考文献[編集]

  1. ^ (PDF) Accident on approach to Perpignan 2008 - Interim report. (24 February 2009). pp. 9–10, 19–20, 31. ISBN 978-2-11-098614-6. http://www.bea.aero/docspa/2008/d-la081127ea/pdf/d-la081127ea.pdf. 
  2. ^ NTSB preliminary record
  3. ^ “Accident on approach to Perpignan 2008” (プレスリリース), (2008年12月3日), http://www.bea.aero/anglaise/actualite/pressrelease20081203.html 
  4. ^ Accident on 27 November 2008 off the coast of Canet-Plage (66) to the Airbus A320-232 registered D-AXLA operated by XL Airways Germany”. Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. 2010年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]