バラクータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バラクータBaracuta)は1937年ジョン・ミラー(John Miller)兄弟によって作られたイギリスブランド。バラクータのG9ジャケットは世界最初のハリントンジャケットとして知られる(日本ではスウィングトップとして知られるが、これは和製英語)。日本でのライセンス契約は丸紅株式会社が行っていたが平成24年3月末にて期間満了となり製造が終了した。

G9略歴[編集]

1937年 - イギリスマンチェスター郊外にコールトン・ストリート工場で作られたのが始まり。これが世界初のハリントン・ジャケットの誕生。表地は防風・撥水加工を施した100%ピュアコットンを使用。ゴルフの複雑な動きに対応するラグラン袖。リブ編みの袖や背中のアンブレラヨーク。特に裏地にはG9特有のフレーザー・タータンチェックを使用。
1964年 - 1964年からの5年間、アメリカで放映されたテレビ番組ペイトン・プレイスでライアン・オニール演じる「ロドニー・ハリントン」が着用する。以降、G9のシルエットはハリントン・ジャケットと呼ばれる。
1966年 - フランク・シナトラが映画「クィーンメリー号の襲撃」でG9を着て主役を演じる。第8回FIFAワールドカップで、バラクータのハーフコートがイングランド代表チームのオフィッシャルウェアーに採用される。
1968年 - 映画「華麗なる賭け」のポスターでスティーブ・マックイーンがG9を着て撮影される。
1970年 - アーノルド・パーマー特別仕様のG9を作成。
1977年 - イギー・ポップデビッド・ボウイはヨーロッパツアーでG9を着用。
1981年 - イギリスのロックバンド、ザ・クラッシュタイムズスクエアのライブでツアーウェアとして採用。
2004年 - イギリス・ファッション・エキスポート・アウォードを受賞。
2006年 - 今までのClassicG9に加え、新たに細身シルエットとしてVintageG9を発表。
2007年 - G9が誕生して70周年。これを記念して70th anniversary G9 modelが発売される。
2008年 - 今までのClassicG9/VintageG9に加え、新たに中間サイズとしてSlimfitG9を発表。

外部リンク[編集]