ハリントンジャケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハリントンジャケット(英:Harrington jacket)は、ジャケットの一種である。バラクータ(Baracuta)のG9ジャケットがハリントンジャケットの代名詞として知られる。現在のジャンパーの原型となった。

軽量、長さはウエスト丈まで、素材は綿ポリエステルウールスエードフリースで作られており、裏打ちはタータンチェックまたはチェック柄なのが伝統的なスタイルである。

日本ではハリントンジャケットとドリズラーを混同してスイングトップと呼ばれるが、これはヴァンヂャケットの命名した和製英語で海外では通用しないので、注意が必要である。

来歴[編集]

最初のハリントンジャケットはバラクータが1930年代に製造したG9ジャケットである。ちなみにバラクータは2012年現在もG9ジャケットを製造している。G9ジャケットはエルヴィス・プレスリーが映画『闇に響く声』(1958年)で着ていたことから人気となった。「ハリントン」の名称は1960年代のドラマ『ペイトンプレイス物語』でライアン・オニールが演じた登場人物「Rodney Harrington」に由来する。

1950年代のアメリカで流行したアイビー・ルックと同様に、ハリントンジャケットは1960年代のイギリスでモッズとスキンヘッドたちの間で人気となった。その後、1970年代末から1980年代初期にかけてのモッズリバイバルの波に乗り、ハリントンジャケットが再び流行した。フレッド・ペリーベンシャーマンのシャツとあわせて着るのがオシャレとされた。

バラクータ以外のメーカーとしては、イヴ・サン=ローランラルフローレンランブレッタ・クロージングブルックスブラザーズメルク・ロンドンフレッド・ペリーテスコIzod, ベンシャーマンラコステ、Lyle and Scott、ロンズデール、Warrior Clothing、などがある。

2007年にはバラクータがG9ジャケットの70周年を記念し、プレスリー、スティーブ・マックイーンフランク・シナトラらの名言を裏打ちにプリントしたG9ジャケットのスペシャルモデルをリリースした。

外部リンク[編集]