ハバロフスク橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯48度32分10秒 東経135度00分00秒 / 北緯48.53611度 東経135.00000度 / 48.53611; 135.00000

現在のハバロフスク橋
5000ルーブル紙幣に描かれたハバロフスク橋

ハバロフスク橋(はばろふすくきょう、ロシア語:Хабаровский мост)は、ロシア極東ハバロフスク地方におけるアムール川をまたぐシベリア鉄道M58アムール幹線道路鉄道道路併用橋である。アムール川鉄橋アムール鉄橋アムール大橋とも呼ばれる。

沿革[編集]

かつてのハバロフスク橋(建設時)
かつてのハバロフスク橋の残存部分

1916年、ラヴル・プロスクリャコフ英語版の設計でアムール川に最初の鉄橋がかけられた。全長2.5kmを超える長さは、当時、世界最長の鉄橋であった。

1941年、スターリンの指示により、川底を通る全長7kmのハバロフスク・アムール川底トンネルロシア語版が掘られ、鉄道トンネルとして鉄橋とともに利用されてきた。このトンネルはスターリン時代に極秘に建設されたため、今なお不明な点が多く、また建設には囚人が多数動員されたという。

1998年6月、新しい橋が完成し、ウラジオストク駅方面に向かう列車はこちらを通るようになった。全長2598m。橋脚数は26。形式はトラス橋。新しい橋は2層式の鉄道道路併用橋になっていて、下層部に単線の鉄道、上層部に4車線の自動車道路(シベリア横断道路の一部を構成するM58アムール幹線道路)が通っている。鉄道は将来複線化される計画であるが、現状は単線である。なお、川底トンネルは新しい橋の開通後も使われており、原則としてモスクワ方面に向かう列車が通過する。

なお、かつての鉄橋の一部を利用したアムール川鉄橋歴史博物館が近年開館した。以前は極秘とされた川底にあったトンネルの設計図など貴重な資料を見ることが出来る[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 地球の歩き方(A 32)シベリア&シベリア鉄道とサハリン』ダイヤモンド・ビッグ社 /ダイヤモンド社
  • 藤原浩『ユーラシア・ブックレットNo.118 シベリア鉄道 -洋の東西を結んだ一世紀-』東洋書店

外部リンク[編集]