シベリア横断道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シベリア横断道路(英語:Trans-Siberian Highway)はロシア以外でそう呼ばれている名称で、ロシアの西側・バルト海フィンランド湾と東側・日本海を結ぶ道路の通称である。全行程約11,000 km あり、カナダトランスカナダハイウェイオーストラリアの国道1号(Australian Highway 1)と並ぶ、世界最長の道路である。

行程[編集]

シベリア横断道路は7つの幹線道路を合わせた通称である。
クラスノヤルスク近くのM53幹線道路
M53幹線道路(クラスノヤルスク - イルクーツク

全行程は欧州自動車道路E30号線とも一致していて、7つのロシア幹線道路を結び、途中カザフスタン領の190 km も含んでいる。

書籍などにおけるシベリア横断道路[編集]

シベリア鉄道完成以前に、シベリア横断道路のサンクトペテルブルク - モスクワ - イルクーツク間はよく使われていたことが分かる。

関連項目[編集]

脚注[編集]