ノウゴウイチゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノウゴウイチゴ
Fragaria iinumae 3.JPG
福島県会津地方 2008年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: オランダイチゴ属 Fragaria
: ノウゴウイチゴ F. iinumae
学名
Fragaria iinumae Makino
和名
ノウゴウイチゴ(能郷苺)

ノウゴウイチゴ(能郷苺、学名:Fragaria iinumae)は、バラ科オランダイチゴ属多年草。別名、ノウゴイチゴ高山植物

特徴[編集]

は肥厚した根茎から匍匐枝を長く伸ばし、地を這う。は根生し、長い葉柄をもった3小葉からなる。小葉は倒卵形で長さ15-30mm、縁にはあらい鋸歯があり、裏面は粉白色を帯びる。葉裏、葉柄、花茎に伏毛がある。

花期は6-7月。細い花茎の先端に数個のをつける。花は白色で径15-25mm、幅が狭い花弁は7-8個で、萼片も7-8個になる。雄蕊は黄色で長さ2mmになる。果実(果床)は7-8月に径8mmの卵形になり、赤熟し、食用になる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道および本州の北部から伯耆大山にかけた日本海側に分布し、高山から亜高山の湿り気のある草地に生育する。東アジアでは、樺太に分布する。

和名は、江戸時代の医家で本草学者の飯沼慾斎が『草木図説』において、岐阜県本巣市能郷白山に生育することを記したことからつけられた。

ギャラリー[編集]

果実 
群生地(白山の大倉尾根) 

参考文献[編集]

関連項目[編集]