トルクメンバシ (都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Turkmebashi
Türkmenbaşy
Türkmenbaşy
座標: 北緯40度01分 東経52度58分 / 北緯40.017度 東経52.967度 / 40.017; 52.967
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン
バルカン州

トルクメンバシ市トルクメンバシュ) (TurkmenbashiまたはTürkmenbaşy) はトルクメニスタンバルカン州の都市である。1993年まではクラスノボツク (Krasnovodsk) (ロシア語: Красноводск) と呼ばれていた。カスピ海に面する港町で人口は、51,000人(1999年)、住民はロシア人アゼリー人である。標高は27m。トルクメニスタンの唯一の港町であり、アゼルバイジャンの首都・バクーへのフェリーが発着する。また、ウズベキスタンの首都・タシュケントへのカスピ海横断鉄道の起点で、交通の要衝である。付近は石油天然ガスが豊富で、市内に大規模な石油精製工場がある。

歴史[編集]

1717年ロシアの中央アジア探検家・アレクサンダー・ベコヴィッチ=チェルカスキー (Alexander Bekovich-Cherkassky) が密かに上陸、この地に砦を構築した。アムダリヤ川がかつてはここでカスピ海に注いでおり、乾いた川床が広がっていた。ヒヴァ・ハン国への軍事侵攻の拠点にする目的であった。しかし、計画は思うように進まず、一旦はこの地を放棄する。

1869年、ロシアは再度この地に目をつける。グズルス(赤い水)と呼ばれた湾に町を建設、ロシア語の音でクラスノボツクと名づけ軍事施設を建設した。ヒヴァブハラ制圧とトルクメン人支配が目的であった。1920年、町は赤軍の手に渡る。

1993年、トルクメニスタン初代大統領のサパルムラト・ニヤゾフが「トルクメン人の長」を意味する「テュルクメンバシ (Türkmenbaşy) 」と自ら名乗ると、この町を自分のこの新しい呼称に改名した。

第2代大統領・グルバングル・ベルディムハメドフのもとで、リゾート地にするべく活発な投資が行われている。