トミスラヴ・イヴコヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミスラヴ・イヴコヴィッチ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Tomislav Ivković
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 1960年8月11日(53歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ザグレブ
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1982
1982-1983
1983-1985
1985-1988
1988-1989
1989
1989-1993
1993
1994
1994-1996
1996-1997
1997-1998
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ディナモ・ザグレブ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ヴィンコヴィツィ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 レッドスター
オーストリアの旗 インスブルック
オーストリアの旗 ヴェアナー
ベルギーの旗 ヘンク
ポルトガルの旗 スポルティングCP
ポルトガルの旗 エストリル
ポルトガルの旗 ヴィトリアFC
ポルトガルの旗 ベレネンセス
スペインの旗 サラマンカ
ポルトガルの旗 アマドーラ
通算
053 (0)
015 (0)
046 (0)
088 (1)
015 (0)
014 (0)
133 (0)
009 (0)
017 (0)
064 (0)
006 (0)
034 (0)
494 (1)
代表歴
1983-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 38 (0)
監督歴
2009
2010
イランの旗 ピルズィ・テヘラン(助監督)
クロアチアの旗 NKメジムリェ
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

トミスラヴ・イヴコヴィッチクロアチア語: Tomislav Ivković1960年8月11日 - )は、ユーゴスラビア出身の元同国代表サッカー選手、指導者。現役時代は上背と長い手足を生かし、ハイボールに強いゴールキーパーとして活躍[1]。1980年代後半からユーゴスラビア代表の正ゴールキーパーを務め、連邦崩壊後はポルトガルリーグのクラブを渡り歩いた。

来歴[編集]

クラブ[編集]

イヴコヴィッチは1978年にディナモ・ザグレブでプロとしてのキャリアをスタートさせた。1982年にミロスラヴ・ブラジェヴィッチ監督と衝突してディナモを退団[2]。半年ほどディナモ・ヴィンコヴィツィに籍を置いた後、1983年にレッドスター・ベオグラードへ入団した。

1985年オーストリアFCチロル・インスブルックへ移籍。1988年に退団した後、ヴェアナーSCKRCヘンクを経て、1989年にポルトガルスポルティング・リスボンへ移籍した。移籍初年度のUEFAカップSSCナポリ戦では、当時ナポリに所属していたディエゴ・マラドーナに対し「PKが決まったら100ドルやる、止めたら100ドルよこせ」と話しかけ、動揺したマラドーナはPKを外したというエピソードが残っている[3]

スポルティングで4シーズン過ごした後、GDエストリル・プライアヴィトリア・セトゥーバルCFベレネンセスUDサラマンカCFエストレラ・アマドーラと渡り歩き、1998年に38歳で引退した。

代表[編集]

1983年から1991年までユーゴスラビア代表として38キャップを記録している。1984年の欧州選手権ではゾラン・シモヴィッチの控えとしてメンバー入りし、同年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得したチームにも名を連ねた。オリンピックでは良績を挙げたが、欧州選手権では唯一出場したデンマーク代表戦にて5失点を喫し、チームも1勝もあげることなくグループリーグで敗退している。

1990年のワールドカップでは全5試合にフル出場。PK戦までもつれた準々決勝のアルゼンチン代表戦では再びマラドーナのPKを止めるなど活躍を見せたが、チームは3本のPKを外して敗れた[4]

連邦崩壊後はクロアチア国籍を選択したが、ディナモで衝突した過去があるミロスラフ・ブラジェヴィッチが代表監督に就任したため、クロアチア代表のユニフォームを着ることはなかった。

引退後[編集]

2004年から2006年まで自身も尊敬するズラトコ・クラニチャールのもとで、クロアチア代表のゴールキーパーコーチを務めた[5]。2007年からはクラニチャールとともにアラブ首長国連邦へ渡り、アル・シャバーブのコーチに就任[6]。2009年にはイランピルズィ・テヘランでアシスタントコーチを務めた。

2010年4月からクロアチアNKメジムリェにて初の監督業に挑むが[7]、成績不振により短期間で解任され、クラブも2部リーグへ降格した。

出典[編集]

  1. ^ 木村、p.295-296
  2. ^ 木村、p.295
  3. ^ 木村、p.296
  4. ^ Safet Sušić se molio u kapelici, Maradona se nije usudio pogledati me u oči” (クロアチア語). Index Sport (2010年4月8日). 2010年9月10日閲覧。
  5. ^ 木村、p.306
  6. ^ Cicin oproštajni party zbog odlaska u Dubai” (クロアチア語). jutarnji.hr (2007年7月15日). 2010年9月10日閲覧。
  7. ^ Tomislav Ivković novi trener NK Međimurje” (クロアチア語). NoviList (2010年3月4日). 2010年9月10日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]