デイゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイゴ
Erythrina variegata 200703.jpg
樹形(沖縄県那覇市、2007年3月)
花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: デイゴ属 Erythrina
: デイゴ E. variegata
学名
Erythrina variegata
和名
デイゴ

デイゴ(梯梧、Erythrina variegata)はマメ科落葉高木インドやマレー半島が原産。日本では沖縄県が北限とされている。春から初夏にかけて咲く赤い花が有名(ただし、毎年満開となるとの保証はないそうである)。沖縄県県花でもある。デイコエリスリナともいう。1967年(昭和42年)、県民の投票により「沖縄県の花」として選定された。デイゴが見事に咲くと、その年は台風の当たり年で、天災(干ばつ)に見舞われるという言い伝えがある(THE BOOMの「島唄」でも歌詞として書かれている)。沖縄では「やしきこーさー(屋敷壊さー)」とも呼ばれることもあるが、これは根の力が強く、家の近くに植えると根がのびて家を傾かせてしまうからであるという。

海紅豆(かいこうず)が別名とされることが多いが、これは別種のアメリカデイゴ鹿児島県の県木)のこと。

落葉性とはいっても、冬に全木が落葉することはあまりなく、花が咲く枝が落葉する傾向がある。花は枝先に穂状に出る。は大きな幅の広い葉を3枚つける三出複葉で、クズの葉に似ている。 木は太くなるがあまり高くならず、横に枝を張る傾向がある。公園や街路樹としてよく栽培されるが、根本や根からも芽が出るので、人家の庭に植えられることは少ない。材は柔らかく、加工しやすいため、漆器材料として使われる。

琉球大学で学生が配っている合格電報の文面は“デイゴ咲く”。

近年では、台湾方面から飛来・帰化したとされるコバチの一種デイゴヒメコバチQuadrastichus erythrinae)による被害が相次いでいる[1]。このハチはデイゴの葉や幹に産卵して虫こぶを作り、木を弱らせて枯らす場合もあるため、沖縄県では対策を急いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ デイゴヒメコバチ”. 天敵Wiki版Web昆虫図鑑. 2012年8月18日閲覧。

関連項目[編集]