ソユーズ8号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズ8号
徽章
Soyuz-8-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズ8号
質量 6,646 kg (14,650 lb)
乗員数 2
コールサイン Гранит (Granit - "Granite")
発射台 Baikonur Site 31/6[1]
打上げ日時 1969年10月13日 10:19:09 UTC
着陸または着水日時 1969年10月18日 09:09:58 UTC
北緯51度 東経72度 / 北緯51度 東経72度 / 51; 72
ミッション期間 4日 22:50:49
周回数 80
遠地点 227 km (141 mi)
近地点 201 km (125 mi)
公転周期 88.7分
軌道傾斜角 51.7°
年表
前回 次回
Soyuz-7-patch.png ソユーズ7号 Soyuz 9 patch.pngソユーズ9号

ソユーズ8号(Soyuz 8、ロシア語: Союз 8)は、1969年に行われたソビエト連邦有人宇宙飛行である。ソユーズ6号及びソユーズ7号との合同ミッションであり、同時に3機のソユーズが軌道上に集まり、合計で7人の宇宙飛行士が乗り込んだ。

乗組員[編集]

バックアップ[編集]

ミッションパラメータ[編集]

  • 質量:6,646kg
  • 近点:201km
  • 遠点:227km
  • 軌道傾斜角:51.7°
  • 軌道周期:88.7分

ミッションハイライト[編集]

乗組員は船長のウラジーミル・シャタロフとフライトエンジニアのアレクセイ・エリセーエフであり、ソユーズ4号ソユーズ5号が行ったように、ソユーズ7号とドッキングし、乗組員を移転させるのがミッションであった。ソユーズ6号はその様子を近傍から撮影した。

しかし、装置の故障により、この目標は達成されなかった。ソビエトの後日の報道では、ドッキングは元々予定されていなかったと主張されたが、実際には宇宙船にドッキングアダプターが積まれており、シャタロフとエリセーエフは二人ともかつてドッキングミッションの経験があった。ソビエト連邦の月着陸ハードウェアの軌道試験が行われたのは、これが最後となった。

宇宙船の無線呼出符号は、花崗岩(Granite)という意味のGranitであった。この言葉はソ連の軍事訓練の防衛部隊に使われていた名前であった。軍の名前を宇宙船につけたのは、恐らくソユーズ5号の船長が行ったアピールへの反応であると考えられる。さらに、この言葉はAntey(アンタイオス)、Buran(吹雪)に続くロシア語のアルファベットのГ (G)から始まることから選ばれたとも考えられる。

出典[編集]

  1. ^ Baikonur LC31”. Encyclopedia Astronautica. 2009年3月4日閲覧。