ヴィタリー・セバスチャノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vitaly Ivanovich Sevastyanov
ヴィタリー・セバスチャノフ(手前)
宇宙飛行士
国籍 ソビエト連邦
誕生 1935年7月8日
Krasnouralsk
死没 2010年4月5日(74歳)
ロシアモスクワ
他の職業 エンジニア
宇宙滞在期間 80d 16h 18m
選抜試験 Civilian Specialist Group 3
ミッション ソユーズ9号ソユーズ18号

ヴィタリー・イワノヴィッチ・セバスチャノフ (ロシア語: Виталий Иванович Севастьянов、1935年7月8日 - 2010年4月5日)はソビエト連邦宇宙飛行士ソユーズ9号ソユーズ18号ミッションで宇宙に行った。

経歴[編集]

Moscow Aviation Instituteでエンジニアとして学び、1959年に卒業。その後セルゲイ・コロリョフの設計局に参加し、Vostok spacecraftの設計に従事する。またガガーリン宇宙飛行士訓練センターで講義を行い、宇宙飛行の物理学を教えた。1967年に宇宙飛行士の訓練を自身で始める。

サリュート4号宇宙ステーションでの2ヶ月の滞在を含め、2つのミッションを成功させた後、サリュート6号ステーションのために地上管制室で働き、1980年代はブラン計画の設計に従事した[1]。1980年代はMan, Earth, Universeという宇宙探査のテレビ番組にホストとして出演していた。

1993年に宇宙開発から離れ、1994年に国家院議員に選任された。

またソ連のチェス協会の会長を2度(1977年から86年、88年から89年)務めた。

参考文献[編集]