ソユーズ40号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズ40号
徽章
Soyuz40 patch2.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズ40号
乗員数 2
コールサイン Dnieper
打上げ日時 1981年5月14日
17:16:38 UTC
ガガーリン発射台
着陸または着水日時 1981年5月22日
13:58:30 UTC
Dzhezkazgan南東225km
ミッション期間 7日20時間41分52秒
周回数 124
乗員写真
Leonid Popov & Dumitru Prunariu.jpg
年表
前回 次回
Soyuz39 patch.pngソユーズ39号 ソユーズT-5

ソユーズ40号(Soyuz 40、ロシア語: Союз 40)、1981年にソビエト連邦によって行われたサリュート6号への有人宇宙飛行である。

乗組員[編集]

バックアップ[編集]

ミッションパラメータ[編集]

  • 質量:6800kg
  • 近点:198.1km
  • 遠点:287km
  • 軌道傾斜角:51.6°
  • 軌道周期:89.06分

ミッションハイライト[編集]

サリュート6号への16回目の飛行であり、9回目のインターコスモスとしてルーマニアから初の宇宙飛行士であるドゥミトール・プルナリウが参加した。共産圏の国民を宇宙へ運ぶインターコスモスプログラムの第1段階であるソユーズフェリーとしては最終回であった。このプログラムによって、1978年から1981年までの間に、合計で9カ国の宇宙飛行士が宇宙へ行った。

またソユーズ40号は、ソユーズ-Tに代わる前のオリジナルのソユーズ宇宙船の最後の飛行であり、サリュート6号とドッキングしたソユーズ宇宙船としても最後であった。プルナリウは地球の磁場の研究を行ったが、地球の観測は、飛行最終日にサリュート6号が日中にルーマニア上空を横切る時まで延期された。この時、乗組員は宇宙船の姿勢制御システムの試験も行った。