ソユーズ3号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズ3号
徽章
Soyuz-3-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズ3号
質量 6,575 kg
乗員数 1
コールサイン Аргон
発射台 バイコヌール宇宙基地
打上げ日時 1968年10月26日
08:34:18 (UTC)
着陸または着水日時 1968年10月30日
07:25:03 (UTC)
ミッション期間 3日22時間50分45秒
周回数 64 周
遠地点 205 km
近地点 183 km
公転周期 88.3 分
軌道傾斜角 51.7°
乗員写真
USSR stamp Soyuz-3 G.T. Beregovoy 1968 10k.jpg
ゲオルギ・ベレゴヴォイ
年表
前回 次回
ソユーズ1号 ソユーズ4号

ソユーズ3号 (Союз 3 / Soyuz 3) はソビエト連邦において、宇宙飛行士ウラジミール・コマロフが死亡したソユーズ1号の事故後はじめて行われた、ソユーズ宇宙船有人宇宙飛行である。コールサインは「アルゴン」。

数々の災難に見舞われたソユーズ1号の飛行目的は、そもそもは無人のソユーズ2号ランデブーとドッキングを行うことであったが、この時は2号の打ち上げは中止されている。飛行士ゲオルギ・ベレゴヴォイが搭乗した3号は、当初の目的を達成するための二度目の飛行であり、2号は3号の前日に打ち上げられた。

地上の管制官は、ベレゴヴォイ飛行士が操縦桿を取る前にすでに両者(2号と3号)を200mまで接近させることに成功していた。しかしながらドッキング操作は地上との交信ができない状態で行わなければならず、ベレゴヴォイは機体を1mまで接近させることはできたが、ドッキングは3回続けて試みたものの達成することはできなかった。結局、操縦用の推進剤のほとんどを消費してしまったため、当初の目的は放棄せざるを得なくなった。失敗の原因は、ベレゴヴォイの操縦にあったとされている。結局ベレゴヴォイは、このフライトのみで退役することとなった。

またベレゴヴォイがこの計画のための訓練をしている最中に、史上初の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンが飛行機事故で死亡した(3月27日)。

搭乗員[編集]

飛行データ[編集]

外部リンク[編集]