コスモス238号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コスモス238号(Kosmos 238、ロシア語: Космос 238)は、ソユーズ3号の打上げに先立つ最後のソユーズ宇宙船試験機である。ソユーズ1号の事故後に改良された軌道マニューバシステム、大気圏再突入、降下着陸システムの試験が行われた。

ミッション情報[編集]

  • 宇宙船:ソユーズ7K-OK
  • 質量:6,520kg
  • 乗組員:なし
  • 打上げ:1968年8月28日 10:04:00 UTC
  • 着陸:1968年9月1日 09:03 UTC
  • 近点:194km
  • 遠点:313km
  • 軌道傾斜角:51.7°
  • 軌道周期:88.5分
  • NSSDC ID: 1968-072A

出典[編集]

Text comes from NASA NSSDC Master Catalog