コスモス379号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス379号
Soviet lunar lander drawing.svg
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1970-099A
カタログ番号 04760
状態 運用終了
目的 月着陸船の試験
打上げ機 ソユーズ
打上げ日時 1970年11月24日
消滅日時 1983年9月21日
質量 7495kg

コスモス379号ロシア語: Космос-379、ラテン文字表記の例: Cosmos 379, Kosmos 379)とは、1970年ソビエト連邦が打ち上げた宇宙船である。地球周回軌道上でLK月着陸船の無人テストを行った。

コスモス379号は1970年11月24日にソユーズロケットにより地球周回軌道に打ちげられた。軌道投入から3日半後、大規模なエンジンの噴射を行い、高度192x233kmの軌道から196x1206kmの楕円軌道に移行した。これは月軌道から離れて月面へ降下するための噴射を模したものである。さらに軌道投入4日後には月面からの離陸を模した噴射を行い、188x1198kmの軌道から177x1万4041kmの軌道へ移行した。他にLOK月周回船とのランデブーとドッキングを模した小規模な噴射も行った[1]

テスト終了後は軌道上に放置されたが、軌道の減衰のため1983年9月21日に大気圏に突入した[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Cosmos 379”. NASA NSSDC. 2012年10月26日閲覧。

関連項目[編集]