ソユーズTM-9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTM-9
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTM-9
乗員数 2
コールサイン Родни?к湧水
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 1990年2月11日 06:16:00 (UTC)
着陸または着水日時 1990年8月9日 07:33:57 (UTC)
ミッション期間 179日1時間17分
遠地点 387 km
近地点 373 km
公転周期 92.2分
軌道傾斜角 51.6°
年表
前回 次回
ソユーズTM-8 ソユーズTM-10

ソユーズTM-9は、ロシア宇宙ステーションミールへの9度目の往来である。

乗組員[編集]

ミッションハイライト[編集]

ドッキングの間、ミールの乗組員は、接近しつつあるソユーズTM-9の帰還モジュールを覆う8つの耐熱ブランケットのうち3つが取れかかっていることに気付いた。帰還モジュールが冷却されているか、また内部の気圧が高くなり、電子機器がショートしていることが懸念された。また、耐熱ブランケットが赤外線センサーを阻害し、再突入に向けた姿勢制御ができない可能性も指摘された。

また、別の懸念も持ち上がった。帰還モジュールとサービスモジュールをつなぐ爆発ボルト及び耐熱シールドが宇宙空間に直に晒され機能しなくなり、宇宙遊泳による修理によってさらに損傷が与えられた。これに対応するために、1人の宇宙飛行士だけが乗ったソユーズTM-10が、救助のために派遣されることになった。宇宙遊泳で、3つのうち2つの耐熱ブランケットを折り畳み、もう1つはそのまま放置された。再突入の際に、通常は軌道モジュールが最初に排出されるが、耐熱ブランケットによる妨害を防ぐため、軌道モジュールとサービスモジュールが同時に排出された。その結果、帰還モジュールには何の障害も現れず、通常どおり行なわれた。