ジョン・ヌグギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ヌグギ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ジョン・ヌグギ・カマウ
国籍 ケニアの旗 ケニア
種目 長距離走
生年月日 1962年5月10日(51歳)
生誕地 リフトバレー州ライキピア県
身長 178cm
体重 62kg
自己ベスト 5000m : 13分11秒14 (1990年)
10000m : 27分11秒62 (1991年)
 
獲得メダル
ケニアの旗 ケニア
陸上競技
オリンピック
1988 ソウル 男子 5000 m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジョン・ヌグギ(John Ngugi Kamau、1962年5月10日 - )は、ケニアの陸上競技選手。1988年ソウルオリンピックの金メダリストである。リフトバレー州ライキピア県ニャフルル出身。

経歴[編集]

ヌグギは、クロスカントリーとトラックの長距離を得意とした選手である。最初にヌグギが活躍したのはクロスカントリーで、1986年の世界クロスカントリー選手権を制してから1989年まで4連覇を達成している。

トラックでは、1987年のローマ世界選手権の5000mに出場。決勝のレースでは2000mを過ぎたところで先頭に立ちレースを引っ張ったが、ラストのスプリントが効かず12位という結果に終わった。しかし、同年のアフリカ競技大会では5000mで金メダルを獲得している。

1988年、ソウルオリンピックの5000mでもケニア代表となると、決勝のレースでは、1000mを過ぎたところで先頭に立つと一時は50mほどのリードを取り独走状態となる。残り1周となったところで20mほどに差を詰められたが、前年の世界選手権と違い最後のスプリントでも追いつかれることはなく、金メダルを獲得した。

ヌグギは、1992年に行われた世界クロスカントリー選手権で5度目の優勝を果たす。しかし、この大会が、ヌグギの最後のメジャーな大会への出場となってしまう。1993年にヌグギは、抜き打ちのドーピング検査を拒否。そのため4年間の出場停止処分を受けてしまう。後に2年に短縮されたものの、ヌグギは現役引退を余儀なくされた。

自己ベスト[編集]

  • 3000m - 7分54秒17 (1989年7月7日)
  • 5000m - 13分11秒14 (1990年8月10日)
  • 10000m - 27分11秒62 (1991年9月13日)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1985 アフリカ陸上選手権 カイロ(エジプト) 5000m 3位 14分44秒33
1986 世界クロスカントリー選手権 ヌーシャテルスイス シニアロング 1位 35分33秒
1987 世界クロスカントリー選手権 ワルシャワポーランド シニアロング 1位 36分07秒
1987 アフリカ競技大会 ナイロビ(ケニア) 5000m 1位 13分31秒87
1988 世界クロスカントリー選手権 オークランド(ニュージーランド) シニアロング 1位 34分32秒
1988 オリンピック ソウル韓国 5000m 1位 13分11秒70
1989 世界クロスカントリー選手権 スタバンゲル(ノルウェー) シニアロング 1位 39分42秒
1989 アフリカ陸上選手権 ラゴス(ナイジェリア) 5000m 1位 13分22秒07
1990 コモンウェルスゲームズ オークランド(ニュージーランド) 5000m 2位 13分24秒94
1992 世界クロスカントリー選手権 ボストン(アメリカ合衆国) シニアロング 1位 37分05秒

外部リンク[編集]