ジュディス・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュディス・ヒル

ジュディス・グローリー・ヒルJudith Glory Hill 1984年5月6日 - )は、アメリカ合衆国歌手カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。

経歴[編集]

父親がアフリカ系アメリカ人で母親は東京出身の日系移民のピアニスト。父と母は1970年代にファンクバンド活動を通じて知り合った。彼女は英語と日本語を話すことができ、どちらの言語でも歌うことができる[1]。敬虔な音楽一家で育つ。

カリフォルニア州南にあるバイオラ大学で音楽(作曲)の学位を取得した後、2007年、フランスへ渡りフランス人歌手のミッシェル・ポルナレフの公演に参加。その後、アメリカに帰国しシンガーソングライターとしてのキャリアをスタートさせる。2009年マイケル・ジャクソンの カムバックツアー『THIS IS IT』のデュエット・パートナーとして採用され、2009年6月25日のマイケル・ジャクソン逝去まで数ヶ月間練習を積んだ[2]

マイケル・ジャクソン逝去に伴い上記ツアー中止。残りのツアーメンバーとともに2009年7月7日にロサンゼルスのダウンタウンにあるステイプルズ・センター で催されたマイケルジャクソン追悼式典英語版に参加。同式典でクライマックスの1つである『ヒール・ザ・ワールド』のリードボーカルの大役を務め世界的な注目を浴びた。全世界でおよそ10億人が彼女の歌声を聞いたとされる。[3][4]

ツアーでジャクソンとデュエットで歌う予定であった『I Just Can't Stop Loving You 』に因み、ジャクソンへのトリビュート曲『I Will Always Be Missing You 』を発表。2009年終盤より彼女のウエブサイトで無料ダウンロードが開始され、2010年1月26日、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』のDVD発売と同日にiTunesで配信され、全ての収益金がChildhelp に寄付されることとなった。

アメリカズ・ゴット・タレントシーズン6優勝者のランダウ・ユージン・マーフィ・ジュニアのデビュー・アルバム『That's Life 』でコラボレートした。

2012年、サンダンス映画祭でプレミア上映されたスパイク・リーの映画『Red Hook Summer 』に彼女が作曲したオリジナルのバラードが多数使用された。リーは『ローリング・ストーン』誌に「彼女は驚異的才能がある。彼女はどんな大物とも歌うことができる」と語った[5]

『ザ・ヴォイス』[編集]

ザ・ヴォイス』第4シーズンのオーディションに参加。2013年3月25日に最初のエピソードが放送され、クリスティーナ・アギレラの『What a Girl Wants 』を歌い、アダム・レヴィーンシャキーラアッシャーブレイク・シェルトンの4人の審査員全員がI Want You ボタンを押して椅子が回転した。苦渋の決断により、チーム・アダムを選択。「彼女はグラミー賞を獲得するようなスーパースターになる。そのために彼女は僕のチームを選んだ。」とアダムは語った。

バトル・ラウンドでは『It's a Man's Man's Man's World 』を歌いカリナ・イグレシアスと対決。この対決は2012年のアマンダ・ブラウン対トレヴィン・ハントの『Vision of Love 』と並び『ザ・ヴォイス』史上最高の対決の1つとされる。アダムは彼女を次のノックアウト・ラウンドに進ませた。ノックアウト・ラウンドではオーランド・ディクソンと対決し勝利した。これにより上位16位に残り、生放送に切り替わった。最有力候補とみられていたが、上位8位の演奏後の2013年5月28日に敗退。上位8位での彼女とチームメイトのサラ・サイモンズの敗退は『ザ・ヴォイス』史上最も衝撃的な出来事の1つとされる[6]

『ザ・ヴォイス』での演奏曲[編集]

ラウンド オリジナル 出場順番 結果
ブラインド・オーディション "What a Girl Wants" クリスティーナ・アギレラ 14 満場一致 - アダム・レヴィーンのチームに参加
バトル・ラウンド "It's a Man's Man's Man's World"
(vs. カリナ・イグレシアス)
ジェイムス・ブラウン N/A コーチにより合格
ノックアウト・ラウンド "Always on My Mind"
(vs. オーランド・ディクソン)
ブレンダ・リー 5 コーチにより合格
ライヴ・プレイオフ "Feeling Good" ニーナ・シモン 8 合格 (一般投票)
Top 12 君の友だち
"You've Got a Friend"
ジェイムス・テイラー 9 合格
Top 10 ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール
"The Way You Make Me Feel"
マイケル・ジャクソン 2 合格
Top 8 "#thatPOWER" ウィル・アイ・アム feat. ジャスティン・ビーバー 1 不合格

バックコーラスの歌姫たち(原題:20 Feet from Stardom)』[編集]

2013年6月14日、アメリカで公開されたドキュメンタリー映画『バックコーラスの歌姫<ディーバ>たち(原題:20 Feet from Stardom )』に彼女および何人かのバックアップ・シンガーが出演。2013年1月のサンダンス映画祭で初公開された[7]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 2009年: I Will Always Be Missing You
  • 2013年: Desperation

サウンドトラック[編集]

  • 2012年: Red Hook Summer (同名映画のサウンドトラック)

参考文献[編集]

  1. ^ Judith singing a mans world in Japanese
  2. ^ http://www.youtube.com/watch?v=q8Hwp_xF_GY&feature=youtube_gdata_player/Judith Judith & Michael Jackson
  3. ^ http://www.rollingstone.com/rockdaily/index.php/2009/07/07/judith-hill-heal-the-world-singer-from-jackson-memorial-revealed/
  4. ^ http://www.judithhillmusic.com/bio.asp
  5. ^ http://www.rollingstone.com/movies/news/spike-lee-makes-musical-discovery-for-red-hook-summer-20120120#ixzz1kE7CllAq
  6. ^ [1]
  7. ^ Hollywood Reporter review

関連項目[編集]

外部リンク[編集]