アダム・レヴィーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Adam Levine
}
基本情報
出生名 アダム・ノア・レヴィーン
出生 1979年3月18日(35歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
ソウルミュージック
リズム・アンド・ブルース
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1994年 -
レーベル 222/Interscope
公式サイト アメリカ合衆国の旗 Maroon 5 - Official Site
日本の旗 maroon 5 | マルーン5
著名使用楽器
First Act guitars
Gibson SG

ブラック・ミュージック

アダム・レヴィーンAdam Levine)は、アメリカ合衆国シンガー・ソングライターギタリスト

人物[編集]

バンドマルーン5」(Maroon 5)のメンバーで主にボーカルギターを担当している。ドラムを演奏することもできる。

10代の時に注意欠陥・多動性障害と診断された。

2013年にはアメリカの雑誌ピープル誌による今年度の「世界一セクシーな男」に選ばれた[1][2]

2014年にベハティ・プリンスルーと結婚したことを発表した[3]

来歴[編集]

1994年、ロサンゼルスのブレントウッド・スクール(Brentwood School)に通う、アダム・レヴィーン、ジェシー・カーマイケル、ミッキー・マデン、ライアン・デューシックの4人がバンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara's Flowers)を結成。

1997年7月22日に1stシングル「ソープ・ディスコ」(Soap Disco)をリリース。アルバム『フォース・ワールド』(The Fourth World)は8月19日にリリースされた[4](日本では10月5日にシングル・アルバム同時発売でデビューした)[4]。しかし、アルバムは商業的成功を収めることができず発売から半年後に廃盤となり[4]、1999年に所属レコード会社を去る。

2001年、再び集結したメンバーに加えて友人であるジェイムス・ヴァレンタインが加入し、バンド名を「マルーン5」と改名し、2002年にアメリカで1stアルバム『ソングズ・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)をリリース。

2005年7月2日に開催されたLIVE 8スティービー・ワンダーと彼の曲「涙をとどけて」(Signed, Sealed, Delivered I'm Yours)をデュエット。この時の映像がDVD『LIVE 8』に収録されている。

2005年にリリースされたイン・ヤン・ツインズのアルバム『U.S.A.:ユナイテッド・ステイツ・オブ・アトランタ』(U.S.A.:United State Of Atlanta)収録曲「リヴ・アゲイン」(Live Again)のボーカルで参加[5]

カニエ・ウェストが2005年にリリースしたアルバム『レイト・レジストレーション』(Late Registration)からの3rdシングル「ハード・エム・セイ」(Heard 'Em Say)にボーカルで参加。また、ミシェル・ゴンドリー監督のミュージック・ビデオに警備員役で出演している[6]

アリシア・キーズと『MTVアンプラグド』でローリング・ストーンズの「ワイルド・ホーセス」(Wild Horses)を歌唱して共演。この音源が、2005年にリリースされた彼女のアルバム『アンプラグド』(Unplugged)に収録されている[7]

2007年リリースのナターシャ・ベディングフィールドのアルバム『N.B.』収録の「セイ・イット・アゲイン」(Say It Again)を共作。バッキング・ボーカルも担当した。

2009年、K'Naanのアルバム『トルバドゥール 〜チャンピオン・アルバム』(TROUBADOUR - CHAMPION EDITION)収録の「バン・バン feat.アダム・レヴィーン」(Bang Bang feat. Adam Levine)に参加[8]

2010年スラッシュのソロ・アルバム『スラッシュ』に「ゴッテン」(Gotten)で参加した。同年、ファッション・ブランド「<222>」を立ち上げた[9]

2011年、ジム・クラス・ヒーローズの曲「ステレオ・ハーツ feat. アダム・レヴィーン」(Stereo Hearts feat. Adam Levine)に参加[10]。また、この年からオーディション番組『ザ・ヴォイス』の審査員を務め、コーチも兼任している。

2012年には自らのレコードレーベル「222 Records」を設立。マシュー・モリソンと契約した[11]。同年秋からアメリカのFXで放送された『アメリカン・ホラー・ストーリー』第2シーズンに役者として出演[12]50セントの曲「マイ・ライフ feat.エミネム&アダム・レヴィーン」(My Life feat.Eminem & Adam Levine)に参加した[13]

2013年、ザ・ロンリー・アイランドの曲「YOLO」にケンドリック・ラマーと参加[14]

2014年夏公開の映画『ビギン・アゲン』(Begin Again)で銀幕デビュー[15]。アダムの曲も収録された映画のサウンドトラック『Begin Again - Music From And Inspired By The Original Motion Picture』をインタースコープ・レコードと新たにディストリビューション契約した自らのレーベル「222/Interscope」からリリースした[16]。また、レギュラー出演している『ザ・ヴォイス』により、ティーン・チョイス・アワードのテレビ部門「Choice TV Reality Personality, Male」を受賞した[17]

出演・曲[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

  • 『ビギン・アゲン』(Begin Again)(2014年)

[編集]

※ソロ名義で発表した曲を記載。

  • 「ロスト・スターズ」(Lost Stars)、「A Higher Place」『Begin Again - Music From And Inspired By The Original Motion Picture』収録(2014年)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マルーン5のアダム・レヴィーンが「世界一セクシーな男」に”. MTV JAPAN. MTV Networks Japan (2013年11月20日). 2014年8月4日閲覧。
  2. ^ マルーン5のアダム、「世界一セクシーな男」受賞はあの人のおかげ?”. MTV JAPAN. MTV Networks Japan (2013年11月22日). 2014年8月4日閲覧。
  3. ^ マルーン5のアダム・レヴィーンが結婚”. MTV JAPAN. MTV Networks Japan (2014年7月22日). 2014年8月4日閲覧。
  4. ^ a b c プロフィール | Maroon5(マルーン5)”. HMV ONLINE. ローソンHMVエンタテイメント. 2014年7月21日閲覧。
  5. ^ イン・ヤン・トゥインズ、ニューアルバムのゲストは超豪華!!”. bmr. ブラック・ミュージック・リヴュー (2005年6月17日). 2014年7月24日閲覧。
  6. ^ ミシェル・ゴンドリーがカニエのビデオを制作 マルーン5のアダムも出演!”. MTV JAPAN. MTV Networks Japan (2005年10月24日). 2014年7月24日閲覧。
  7. ^ アリシア・キーズ「Unplugged」”. eBenkyo. シー・シー・コンサルティング. 2014年8月4日閲覧。
  8. ^ K'NAAN | ケイナーン. “トルバドゥール 〜チャンピオン・アルバム”. ユニバーサルミュージック. 2014年8月25日閲覧。
  9. ^ マルーン5のアダム、ラッキーナンバーでファッション界進出”. BARKS (2010年8月20日). 2014年7月22日閲覧。
  10. ^ マルーン5のアダム・レヴィーン参加!クセになる超美メロ・チューン!大ヒット中の新曲「ステレオ・ハーツ」のミュージック・ビデオが遂に公開!”. ワーナーミュージック・ジャパン (2010年8月20日). 2014年8月25日閲覧。
  11. ^ アダム・レヴィーン、新レーベルを立ち上げ『GLEE』のM・モリソンと契約”. BARKS (2012年2月11日). 2014年7月22日閲覧。
  12. ^ 『American Horror Story』は出演者のアダム自身が恐怖を感じる作品”. ユニバーサルミュージック (2012年7月5日). 2014年8月17日閲覧。
  13. ^ アダム・レヴィーン、50セントのニュー・シングル「マイ・ライフ feat.エミネム&アダム・レヴィーン」にゲスト出演!”. ユニバーサルミュージック (2012年11月28日). 2014年8月17日閲覧。
  14. ^ レディー・ガガ、ジャスティン・ティンバーレイク、ザ・ロンリー・アイランドの新作に参加”. BARKS (2013年5月14日). 2014年8月25日閲覧。
  15. ^ アダム・レヴィーンは生まれながらのエンターテイナー”. BARKS (2014年5月1日). 2014年7月22日閲覧。
  16. ^ アダムのレーベル“222”とInterscopeとの契約第一弾は『Begin Again』のサントラ盤”. ユニバーサルミュージック (2014年6月16日). 2014年8月17日閲覧。
  17. ^ アダムが『Teen Choice Awards』のテレビ部門で受賞”. ユニバーサルミュージック (2014年8月18日). 2014年8月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Twitter・Facebook
レコード会社