ジメチルトリスルフィド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジメチルトリスルフィド
dimethyl trisulfide
識別情報
CAS登録番号 3658-80-8
特性
化学式 C2H6S3
モル質量 126.27
外観 無色ないし淡黄色の液体
匂い 玉葱様の臭気
沸点

165-170℃

への溶解度 微溶
溶解度 アルコールプロピレングリコール、油類に可溶
屈折率 (nD) 1.601
関連する物質
関連物質 ジメチルスルフィド
ジメチルジスルフィド
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメチルトリスルフィド: dimethyl trisulfide)は、示性式CH3SSSCH3で表される有機硫黄化合物。新鮮なタマネギ様の臭気を持つ無色ないし淡黄色の液体で、天然にはホップキャベツブロッコリーカリフラワーなどに存在する。

用途[編集]

ローストチキンの香りを出すために肉フレーバーに10ppbほど添加されるほか、焼菓子やピクルスミートソーススープなどに1ppmほど用いられる。香料用途としてはPenta Mfg.が製造する。

参考文献[編集]