ジメチルジスルフィド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジメチルジスルフィド
構造式ジメチルスルフィドの球棒モデル
IUPAC名 ジメチルジスルフィド(系統名)
二硫化ジメチル(許容慣用名)
別名 二硫化メチル
分子式 C2H6S2
分子量 94.19
CAS登録番号 [624-92-0]
形状 黄色透明液体
密度 1.06 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.24(空気 = 1)
融点 −85 °C-98℃のデータ有り
沸点 110 °C
出典 国際化学物質安全性カード 安全衛生情報センター 製品安全データシート

ジメチルジスルフィド(Dimethyl disulfide、DMDS)、別名(二硫化メチル、二硫化ジメチル(Methyl disulfide)、ジメチルペルジスルフィド(Dimethyl perdisulfide)、2,3-ジチアブタン(2,3-Dithiabutane))は、構造式(CH3S-SCH3)の有機硫黄化合物ジスルフィド)である。

刺激性が強く、ニンニクに似た特有の硫黄臭を持ち、特定悪臭物質に指定されている。一方で、タマネギキャベツなどの食品用香料として使用される。

性質[編集]

引火性(引火点24℃)、爆発性(爆発限界1.1~16v/v%)があり、人体に有害。 強酸化剤、強還元剤、強塩基と激しく反応する。 オクタノール水分配比が1.77、水への溶解度は0.25g/100mLと難溶性。エタノールエーテルほか有機溶媒に易溶。

存在[編集]

コチなど一部の魚、アブラナ科の植物、ニンニクなどに含まれ、特に腐敗すると誘導体の分解により発生する。

用途[編集]

脱硫触媒用の初期硫化剤、農薬製造の中間体、硫黄の溶剤、チオメチル化剤、食品の香料。 工学用途では、略称のDMDSがよく使われる。

有害性[編集]

急性毒性があるが、慢性毒性、発ガン性、蓄積性はないか、低いとみられる。 水生生物毒性があり、生物分解されない(BOD/TOD比=0%)

  • LD50 190mg/kg(経口 ラット)
  • LC50 1.1mg/L/96H (メダカ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]