ジフェニル水銀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジフェニル水銀
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 587-85-9 チェック
UNII 9JF9FUI57J チェック
特性
化学式 C12H10Hg
モル質量 354.80 g mol−1
外観 無色の結晶
密度 2.318 g cm−3[1]
沸点

204 °C[1]

その他の溶剤への溶解度 エタノールジエチルエーテルに微溶
ベンゼンクロロホルムに可溶[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジフェニル水銀(ジフェニルすいぎん、: Diphenylmercury)は化学式C12H10Hgで表される有機水銀化合物の一種で、外見は無色の結晶である[2]。他の有機水銀化合物の多くと同様、直線状の分子構造をとる[2]

生成[編集]

塩化水銀(II)と、エタノールに溶いたメチルトリフェニルスズを2:1のモル比で反応させることにより得られる[2]。また、亜スズ酸ナトリウムの存在下で、酢酸フェニル水銀ベンゼンとを反応させることにより製造できる[3]。ハロゲン化水銀と臭化フェニルマグネシウム[4]ブロモベンゼンとナトリウムアマルガムとの反応によっても得られる[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Lide, David R. (2008). CRC Handbook of Chemistry and Physics, 89th Edition. CRC Press. p. 3–518. ISBN 978-0-8493-0488-0. 
  2. ^ a b c C. Glidewell, J. N. Low, J. L. Wardell (2005). “Diphenylmercury, redetermined at 120 K: sheets built from a single C-H…π(arene) hydrogen bond”. Acta Cryst. C61 (Pt 2): m107–m108. doi:10.1107/S0108270104034134. PMID 15695887. 
  3. ^ Maynard, J. Lewis (1924). “The Direct Mercuration of Benzene and the Preparation of Mercury Dipheny”. J. Am. Chem. Soc. 46 (6): 1510. doi:10.1021/ja01671a024. 
  4. ^ Borgstrom, P.; Dewar, Margaret M. (1929). “The Preparation of Mercury Diphenyl by use of the Grignard Reagent”. J. Am. Chem. Soc. 51 (11): 3387. doi:10.1021/ja01386a030. 
  5. ^ H. O. Calvery, “Diphenylmercury”, Org. Synth., http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv1p0228  Coll. Vol. 1: 228 .