ブロモベンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブロモベンゼン
ブロモベンゼン ブロモベンゼン
識別情報
CAS登録番号 108-86-1
KEGG C11036
特性
化学式 C6H5Br
モル質量 157.016
外観 無色~淡黄色液体
密度 1.495
融点

-30.8

沸点

156

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ブロモベンゼン (bromobenzene) はハロゲン化アリールのひとつ。黄色がかった透明の液体で、芳香を持つ。

合成[編集]

臭素ベンゼン芳香族求電子置換反応によって生成し、このとき臭化水素を副産物とする。通常は鉄の塩などの触媒が用いられる。

利用[編集]

ブロモベンゼンはグリニャール試薬のひとつ、C6H5MgBr を調製するときの原料として使われる。このグリニャール試薬を中間体として、例えば二酸化炭素と反応させて安息香酸を作ったりできる。ブロモベンゼンはまた薬品の製造にも用いられる。

薬理学[編集]

ブロモベンゼンは人体にとって有毒で、吸引、摂取、もしくは皮膚から吸収すると肝臓と神経に害を受ける。