ジオ・トラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トラッカーTracker )はかつてゼネラルモーターズスズキの合弁企業「CAMIオートモーティブ」が製造し、「ジオ」、「シボレー」ブランドで販売していたSUVである。

概要[編集]

北米において、コンシューマー・レポートの転倒訴訟により販売が低迷した「スズキ・サムライ」の実質のフォローを目的として「スズキ・サイドキック(スズキ・エスクード)」が企画された。だが、転倒訴訟にあいまって北米の小型のSUV輸入車の関税がそれまでの10倍に引き上げられたこともあり、スズキブランドそのままの状態での販売が難しくなっていた。そこでもともと世界戦略車として企画されていたサイドキックを、訴訟による影響のフォローアップを目的として、GM内ブランド内製モデルの扱いでサイドキックのリバッジ車を販売することとなり、ジオブランドで「トラッカー」として提供されることとなった。

従来のオフロード一辺倒だった「スズキ・サムライ」の持っていたような堅牢なサスとシャシによる走破能力に加え、スタイリングと乗り味を乗用車テイストとしたことで、従来よりもユーザー層を広げることに成功した。

トラッカーはシボレー内に競合車が存在しなかったため、シボレーディーラーにおいてジオブランドでは販売に最も力を入れていたモデルであった。

販売初期のころは日本のスズキ湖西工場でエスクードとともに生産されていたが、CAMIオートモーティブ誕生後はそちらに生産拠点を移動している。 また、トラッカーはジオの他にもシボレーGMCポンティアックなどでも提供された。

トラッカーは一定の人気を得たため、1997年にジオが終了した後には、モデルチェンジを行いシボレーブランドで継続販売されることとなった。その後、2004年に生産を終了した。

本車がジオブランドで生産されたモデルで最も長寿なモデルであった。

歴史[編集]

ジオ・トラッカー[編集]

ジオ・トラッカー
2ドア
'92-'95 Geo Tracker Hardtop 2-Door.jpg
4ドア
'98 Chevy Tracker.jpg
販売期間 1989年1997年
乗車定員 5名
ボディタイプ 3ドア ハッチバック
5ドアハッチバック
2ドアコンバーチブル
エンジン G16A型 直4SOHC
1.6L 82hp/5,500rpm 13.1kg-m/3,000rpm
変速機 5MT/4MT/3AT
駆動方式 4WD
サスペンション F:ストラット式
R:トレーディングリンク式
全長 3,560mm
全幅 1,635mm
全高 1,665mm
ホイールベース 2,200mm
車両重量 1,010kg
-自動車のスペック表-

1989年に発売を開始。スズキ・エスクードの姉妹車で、外装の一部に差異がある以外は機関系、内装部品などを含めてコンポーネントはほぼ共通である。

販売に際してはサムライよりも乗用車に近い性格であったため従来よりも広い層に対してアプローチされたが、ライトトラックにも採用されているラダーフレームによる堅牢な設計と本格的なオフロード走破性がサムライのユーザーのほか、旧来からのSUVユーザーにも好評であった。

ミッションは5速マニュアルのみとなり、オプションでATを選択するようになっていた。当初は3ドアのみであったが、やがてマイナーチェンジが行われた際に5ドア、V6モデルがラインナップされた。

1991年から1993年の間に製造されていたトラッカーについて、アメリカ合衆国道路交通安全保険協会の調査により、1万台あたり3.2台の死亡事故率があるとされ「ワースト」の安全格付けを受けた。 これは乗用車平均で1万台中1.1台に対しておよそ3倍の数値であった。 その上、事故内容がロールオーバーに関わるクラッシュの場合、対する死亡率が平均の6倍とまでされた。だがこのような格付けを受けたものの販売は好調に推移し、トラッカーは1997年にジオブランドの終了まで販売された。

なお、ジオ以外にもトラッカーはGMC、シボレー、ポンティアックブランドで供給されており、ジオでの販売終了後もアメリカ以外の国を含めると2004年まで販売を継続した。


シボレー・トラッカー[編集]

シボレー・トラッカー
5ドア
Chevrolet-Tracker-4door.jpg
販売期間 1998年2004年
乗車定員 5名
ボディタイプ 3ドア ハッチバック
5ドアハッチバック
2ドアコンバーチブル
エンジン G16A型 直4SOHC
1.6L 95hp/6,000rpm 13.7kg-m/3,000rpm
変速機 5MT/4MT/3AT
駆動方式 4WD
サスペンション F:ストラット式
R:5リンクリジットアクセル式
全長 4,031mm
全幅 1,636mm
全高 1,689mm
ホイールベース 2,479mm
車両重量 1,061kg
-自動車のスペック表-

1999年、トラッカーは消滅したジオブランドから兄弟ブランドであるシボレーに移管され復活する。その際にエスクードがモデルチェンジされていたため、併せてトラッカーもモデルチェンジが行われた。

本モデルも先代同様エスクードのコンポーネントと多くが共通であるが、フロント周りを中心に外装に差異がある。

堅牢な設計で人気を得た先代モデルから、GM主導で開発が進められた影響でコンセプトが変化し、ラックアンドピニオンを採用したより乗用車感覚に近い性格となったため、前モデルからの乗り換えユーザーにはオフロード性能の堅牢さが失われたとの評判を得る。 一部地域では先代モデルの販売も継続しており、特に地方部では販売シェアを走破性に人気のあった先代モデルへ奪われる事態も発生した。だが販売目標を従来ユーザーとは異なる層に対してアプローチを行ったため、都市部ではそれなりに順当な販売台数を売り上げた。

発売から5年後の2004年に販売を終了する。同車の役割をシボレー・エキノックスへと引き継いだ。

なお、トラッカーはアメリカ、カナダ以外ではメキシコブラジルで販売していた。こちらで販売されたトラッカーはアメリカで販売されたモデルとは異なりスズキ・グランドエスクードのグリルバッジのみを変えた仕様となっている。これらの地域では比較的人気が高かったため、アメリカでの生産終了後もフェイスリフトを繰り返しながら2008年まで生産が継続された。


関連項目[編集]