シンクロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社シンクロン
Shincron Co.,Ltd.
シンクロン本社ビル
シンクロン本社ビル(2014年9月撮影)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
220-8680
神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-5
設立 1951年(昭和26年)年5月
業種 精密機器
事業内容 真空薄膜形成装置に関する研究、開発、設計、製造、販売、技術サービスなど
代表者 田中茂徳(代表取締役社長)
資本金 7250万円
売上高 209億500万円(2013年4月期)
純利益 2億7700万円(2013年4月期)
外部リンク http://www.shincron.co.jp/
特記事項:上記情報は企業ホームページを参考とした。
テンプレートを表示

株式会社シンクロン神奈川県横浜市みなとみらい地区(49街区)に本社を置く、真空薄膜形成装置の製造・販売を行う企業である。

概要[編集]

真空薄膜形成装置(光学薄膜の形成)に関連した研究開発設計製造販売技術サービスなどを総合的に行っている。この装置の分野では世界でトップクラスである[1]2000年代には日本国外(アジア圏)への進出を加速している。

沿革[編集]

横浜市のみなとみらい地区に完成した新本社ビル(2013年10月撮影)
  • 1951年(昭和26年) - 有限会社真空器械研究所を設立。
  • 1960年(昭和35年) - 真空器械工業株式会社に改組。
  • 1971年(昭和46年) - 東京都品川区南大井に旧本社ビル完成。
  • 1982年(昭和57年) - 東京都品川区東大井に鮫洲工場(旧・技術開発センター)完成。
  • 1989年(平成元年) - 山形県鶴岡市に鶴岡工場完成。
  • 1991年(平成3年) - 社名を現社名である株式会社シンクロンに変更。
  • 2002年(平成14年) - 台湾支店開設。
  • 2003年(平成15年) - 中国上海市にシンクロン上海設立。
  • 2004年(平成16年) - 台中市にシンクロン台湾設立。
  • 2005年(平成17年) - 中国深セン市にシンクロン深セン設立。
  • 2007年(平成19年) - マレーシアにシンクロンマレーシア設立。
  • 2008年(平成20年) - 横浜市みなとみらい地区に新本社ビル完成(研究開発を行うR&Dセンターを併設)。また、タイにシンクロン・テクノロジー・タイランド設立。
  • 2010年(平成22年) - シンクロン上海機械製造設立。
  • 2014年(平成26年) - 本社ビルの新館(既存のビルに増築、展示ルームや保育所を併設)が完成。

拠点[編集]

日本国内

  • 本社 - 横浜市西区みなとみらい4-3-5(シンクロン本社ビル)
  • R&Dセンター - 本社ビルに設置
  • 鶴岡工場 - 山形県舞岡市宝田1-19-71

日本国外

  • 上海拠点(中国上海市)
  • 深圳拠点(中国深セン市)
  • 台湾拠点(台中市)
  • マレーシア拠点
  • タイ拠点

本社ビル[編集]

横浜市のみなとみらい地区に2008年9月、シンクロン本社ビル(6階建て・延床面積約6,585m²)が完成した[2]。ビル内には本社機能の移転の他、研究開発施設を集約し最先端の設備を導入したR&Dセンターが設置されている。建物の設計は三菱地所設計によるもので、曲面の外観(ファサード)を高透過ガラスで覆ったダブルスキン[注 1]の構造が特徴である[3][4]

本社ビル新館エントランス
シンクロン本社ビル新館(増築棟)

2014年9月には本社ビルの新館(7階建て・延床面積約6960m²、既存の本社ビルに隣接し一体的なデザインの増築棟)[注 2]が完成した[5]事務所・研究開発施設等の拡張を目的とし、クリーンルームを備えている他に[5]、展示ルームや保育所(ポピンズナーサリースクール横浜)も併設している[1]。また、新館の建設工事と並行して地域冷暖房みなとみらい21熱供給)の引き込み工事も実施された[6]

本社ビルのライトアップ

夜間[注 3]には前述のダブルスキン構造と高透過ガラスを活かしたライトアップが実施されており[注 4][3][7]クリスマス時期に同地区で開催されるオフィスビル全館点灯にも参加している[8]。なお、ライトアップは象の鼻パークでも採用されているレシップが開発したCCL(コールド・カソード・ランプ)を用いており、時間帯によって色調が変化しクリスマス時期には特別なカラーも楽しむことができる[9]

※いずれも2013年10月撮影(新館完成前)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ダブルスキンとは、建物の外壁をガラスで覆う建築手法である。参考:ダブルスキン(日比谷総合設備)
  2. ^ 当初は「第二本社ビル」と呼称されていた。
  3. ^ ライトアップは日没から夜8時ごろまで実施されている。
  4. ^ 「2009 IES Illumination Awards」(北米照明学会賞)の“award of merit”(部門佳作)を受賞している。参考:シンクロン本社ビル(三菱地所設計)

出典[編集]

  1. ^ a b シンクロンがMM21地区49街区に第二本社ビル、認可保育所も併設へ/横浜市(神奈川新聞:カナロコ 2012年3月7日付)
  2. ^ シンクロン本社ビル(超高層ビル写真サイト:TOKYOビル景)
  3. ^ a b シンクロン本社ビルの省エネルギー(三菱地所設計)
  4. ^ シンクロン本社ビル(三菱地所設計)
  5. ^ a b 本社ビルを増築しました(2014年9月1日竣工)(株式会社シンクロン公式サイト:トピックス 2014年9月9日)
  6. ^ シンクロン本社ビル新館への供給を開始しました(供給開始日:平成26年9月1日)(みなとみらい21熱供給株式会社)
  7. ^ シンクロン本社ビル(IALD JAPAN)
  8. ^ みなとみらいのオフィスが全館点灯-「グリーン電力」を使用(ヨコハマ経済新聞 2011年12月21日付)
  9. ^ 横浜・みなとみらいの(株)シンクロン様新本社ビル社屋にCCLを採用いただきました(レシップ 2008年12月16日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]